« NAHBS2016の旅 - ポートランド編その1 | メイン | Rapha Prestige上勝 »

NAHBS2016の旅 - ポートランド編その2

NSBの次はTonicにも行ってきました。


IMG_2203
フラットマウントです。もちろん、142mmのTAです。トニーは自家製のエンドを使うのがポリシーなのです。


IMG_2213
彼がトニーです。控え目に言って天才、そしてアーティストです。段々と付き合いが長くなるにつれそう思います。そもそも、全てのフレームビルダーというのはアーティストでもあり、エンジニアでもあり、そして経営者でもあるのですが。


IMG_2231
夜はGevenalleのアダムとBreakside Breweryへ。ちょっと街中から外れるのですが、大変流行っていました。ビール造りというのも芸術家という側面と、化学者という側面の両方を求められるそうで、僕がクラフトビールに惹かれるのもこの辺りに理由がありそうです。


IMG_2253
翌日はリバーシティでSSWC白馬のため去年来日したケビンにセイハローして、eTapを吟味です。さすがに買わなかったのですが。


IMG_2276
もちろん行きますよね。しかし、偶然にもBSの名車MB2が店の前に置いてあるなんてニクいのですが、このMB2もまだお洒落な感じで組んであります。


IMG_2260
お店の側にアートギャラリーもオープンしています。JDというのは本当にコミュニケーション能力が高い人なのですが、我々を含む来客に対応するその姿を見ていると、日本から見たユルく働くポートランディア像なんて幻想というのが分かります。ポートランドの人達はめちゃめちゃ働きますよ。デスクに座っている時間も大事なんでしょうが、とにかく人に会って話すのも重要なんだなと感じます。そんな訳で、大阪のHutte 8to8さんと川崎のAbove Bike StoreさんにThe Athleticのストックが置かれるようになりましたので、是非お店に足を運んでみてください。


IMG_2299
Velo Cultです。サンディエゴから移転してきて何年か経ちましたが、微妙に来る度に店の雰囲気や方向性に変化が見えて興味深いのですが、今回の訪問で思ったのはどちらかというとバイクショップからリペアショップの方向性に振れていたのと、ライブハウス的な、すぐにテーブルを移動して多くの人を収容できるような工夫が見えました。


IMG_2288
Gevenalleと関係の深いお店でもあり、この様に一つのケースに商品が展示されていました。Tonicのトニーから聞いたのですが、Velo CultとTonicのコラボレーションバイクのようなものを作るみたいで、先日にオーナーのスカイと会ったそうです。楽しみですね。


A beautiful Tonic Fabrication soft tail gravel bike visited us tonight. Wow.

Velo Cult Bike Shop and Tavernさん(@velocult)が投稿した写真 -



少し前にVelo CultのIGにもTonicが登場していました。


IMG_2300
古いものばかり尊ぶ、懐古主義は好きでは無いのですが、麻薬的な魅力があるのも事実。SNSでは日常的に僕を含む中年が20年前のMTBの写真を貼って「ヤバイヤバイ」と言ってるのですが、若者にしたらサブいことでしょうね。これ、全てリッチーです。おそらくトム・リッチー本人が火を入れたものもあるでしょう。これを見ながらビールを呑むとまぁ、進みますよ。偶然なのですが、迷彩カラーを復活させて、トム・リッチーがNAHBSの自社ブースに展示していたんですよね。時代はぐるぐる繰り返すのです。


IMG_2302
このVanillaは数年前にVanillaの2Fの倉庫みたいな所に押し込められたいた個体ですね。売り物なのかな。もう1本ブルーで同じ様なソフトテイルのフレームもありました。気になる方はVelo Cultまで直接お問い合わせを。


IMG_2311
翌朝はサクラメントに移動するために移動、途中でユージーンに立ち寄ってベン・ベルデンで有名なStoemperへ。自分の家の敷地内でフレーム製作と塗装までやってるんですよ。


IMG_2317
フレームと交換で修理して貰ったというラマルゾッコでカプチーノを入れてくれました。


IMG_2336
テーパードのHTは大変そう!


IMG_2362
僕はと言えば、旋盤に貼ってあるステッカーに釘付けでした。1960年のボンネビルのステッカーが貼ってあるいうことは確実にホットロッドを製作していたガレージから出てきた旋盤。モータースポーツの歴史が詰まっています。震えちゃいますね。お問い合わせはEFFECTさんまで!


次回からNAHBS編です。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1382