« NAHBS行ってきます | メイン | NAHBS 二日目のお話です »

NAHBS14 Charlotte, NC

現在シャーロットに滞在中で、ショーは初日が終わり、今は二日目の朝です。そう、時差ぼけで早起きしたのでブログでも書こうと思った訳です。


Untitled
木曜夜にシアトルで乗り換えてシャーロット着(国内線4時間超えは辛いです)、その日はホテルで即就寝、金曜日朝からベーグル屋、その横にあったベーカリーで昼飯を購入。世界中、どこに行ってもベーカリーの雰囲気とその匂いは最高ですね。


Untitled
その後はショー会場に行かず、まずはライフラインの確保をするため、電車で15分揺られて郊外のT-Mobileへ行ってプリペイドのSIMを確保。データは2.5GB/月で、1ヶ月$60、アクティベーション料が$10取られて$70に消費税です。Samsungのアンドロイド端末を貰ったので、ドコモで3150円を支払ってSIMロックを解除してもらい、先日の台北出張の時に同じ様に現地SIMを使ったのですが、その便利さに病みつきになったのです。でも、上の画像の様に写真の色が変ですね。


Untitled
さて、ショー会場のおおよその全景です。70%以上のブースはこの画像に収まっていると思われます。


Untitled
ショーの詳細な画像はBikeradarでも見て頂くとして(実は真剣にまだ見てない)、圧倒的にいけてる展示をしていたのはAnvilです。Anvilはフレームに製作に必要なジグやベンダーなどのツールを提供している会社です。なら、普通にジグなどを展示すれば済む話なのですが、そのままジグを展示するんじゃなくて、フレームをそのジグに乗せて具体的な使用例を示してくれています。そのフレーム達がこれまた最高。


Untitled
これはファットバイク用タイヤのクリアランスチェッカーですね。こんなツールまで提供するなんて。


Untitled
こちらSteve Potts。レジェンド中のレジェンド。


Untitled
ベンダーです。こうやって既製品のベンダーが用意されているので、これさえあれば左右均等に、美しく曲げることが可能です。Tonicなんかは逆にオリジナルな方向を目指しているので、エンドやベンダーも自社で用意していますし、場合によっては自分で作ってしまいます。これは良い、悪いでは無くてParagonなどの既製のフレーム小物を使っても超オリジナルに、個性的なフレームを造るビルダーさんもいますし、内製にこだわる人もいます。ビルダーさんによって方向性が全然違うのが面白いのです。


NAHBSは世界中から素晴らしいブランドが集結し、彼らが注力した宝石のような自転車が展示される場所ですから、普通に小間を借りて、スタンドで地面に置いても注目されることはありません。もちろん、一定のマニア層は注目してくれるでしょうが、折角のショーバイクな訳で、そのブースを含めた展示方法、細部までこだわりぬいてトータルの世界観で押して来る所が多いのが過去の傾向です。


ただ、今年は東海岸ということで、ロジスティックの問題もあるのか、西海岸のビルダーは出展を見合わせている所が多く、折角の東海岸なのに東のビルダーも出展していない、そして全体的にブース出展がこぢんまりとまとまっている印象を持ちました。


Untitled
元気だなーと思ったのはGates/carbondriveです。凄い投資をしてる感じです。このENGLISHは細部まで最高ですね。ENGLISHも例年、素晴らしい自家製の展示台を持ち込んでいるんですが、今年はやはりシンプルな展示に留まっている感じです。


Untitled
このSRAMの電動ユニット採用のSycipもいいですね。でもどうなんだろう。日本では法規の壁がありそう?


Untitled
TKC的ベストファットバイク賞!HEDのカーボンリム採用で、恐ろしく軽く仕上がっているそうです。ELLISやっぱいいですね。


Untitled
新たななポートランド製カーボンフレーム・ブランドの誕生。さっそく来週にショップ見学してきます。ビルダーさんはモリー・キャメロンと友達だそうです。ブランドとしてはこのフレームはシリアルNo.5だそうです。


Untitled
ENVEのステムとハンドルを結合させ、さらに軽量に、同時に剛性も向上しているそうです。


Untitled
トム・リッチーさん自らの溶接によるファットバイク。詳細こちら。リッチーさんの微妙にトレンドを後追いする感じ好きですよ。


Untitled
途中でブレイクを挟みました。


Untitled
良い感じでした。バリスタの動きを見るのも好きです。


Untitled
夕飯はブリューパブにて。Oh,, このタンクの数には圧倒されます。メニューにあったビールは10種類。


Untitled
若干出遅れた感じですが、NAHBSのオフィシャルパーティーが地元の自転車店で開催されました。例年、このパーティーはクリスキングがアンオフィシャルに開催していたのですが、今年はNAHBSオフィシャルに。クリス・キングとNAHBS主催者のドン・ウォーカーは手打ちをしたのでしょうか?


Untitled
LIVESTRONGジャージに注目。


Untitled
このジャージのデザインめちゃめちゃいいですね。


という訳で初日が終わったのですが、個人的に気になっていた29er+は見ることができず、なんだか肩すかしを喰らった感じです。グラベルグラインダー、ディスクロードはそれなりに見ますが、油圧ブレーキのリコール問題でモーメンタムを失った感じですし、「今年のNAHBSはこれだ!」というのが特に無い印象を持ちました。個人的にはTrue Temperが復活してるみたいなので、嬉しいです。二日目の今日はセミナー三昧の一日になりそうです。


二日目の投稿もどうぞ。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1347