« On Any Sunday Morning | メイン | Retroshift Give Away! »

盛り上がるMTBの議論

MTBはなぜ廃れたか。
http://tamalpais.bikejournal.jp/?p=244


これは難波氏が最初に池に放った小石。ここから波紋が拡がる。




これが僕なりのレスポンス。廃れたのではない。SNS時代ですぐ炎上するので、アングラに戻ったのだ、という考え。Continue Readingを押して貰えると続きが読めます。


高橋大喜氏のブログ。「MTBの今後」
http://www.daikifreeride.com/daiki/2013/12/mtb-0626.html


海外のように、本当の意味でのMTB文化は国内には根付いていない、という説。


ジンケン君のfbへのポスト。
https://www.facebook.com/kenji.jinno/posts/10202613935131043


コクナイガー・カイガイガーなんていう言い方もありますが、独自で熟成したMTB文化が求められているのではないか?という説。


改めて僕が思うのは、何をするにも最低限のボリューム、数が必要なのです。Perfumeは東京ドームでコンサートをすることもできるし、クラブクアトロでシークレットライブもすることができるでしょうが、今のMTBシーンの実力ではクラブクアトロが精一杯でしょう。ファンが増えることにより、もちろん問題も増えると思いますが、S/N比なのである程度は仕方が無いと思います。


みなさんはどう思いますか?(ハフィントンポスト風)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1338