« Tonic Fab. MCXの限定1本サイズが合えば超お得です → 売約済みとなりました。ありがとうございました! | メイン | UCI MTB DHI世界選手権@南ア »

峰床山グラベルライド

京都のN先生よりグラベルライドにお誘い頂きました。


Untitled
僕は花脊峠を車で越えたのですが、途中でミウケン小倉君に遭遇。僕は花脊HCがとても苦手です。


Untitled
小倉君がこの道で花脊まで抜けることができる、って教えてくれましたけど、後から聞くと途中で崩れてるとか。信用しないでよかった。


Untitled
N先生のガイドで補陀落山荘の下からスタート。ちなみに僕の自転車はこんな感じで、普段のロードバイクです。タイヤも普段通りの25cです。峰床山のグラベルHCをレース形式でスタート、軽くアタックを掛けたらミウケンが遅れたので、これは優勝だなと思ったら、なんとゴール手前100mで後輪がパンク、2位となってしまいました。


Untitled
チューブを交換したのですが、峰床山の下りで次はFタイヤのサイドをカット、チューブが見えていたのを発見、慌てて空気を抜いてタイヤブートをN先生に貰って応急処置。僕はあんまりパンクやタイヤカットとは無縁な男なんですが、続くときは続く不思議。


Untitled<
ず〜っと雨でした。


Stravaを見ると全行程は49kmに過ぎないのですが、おそらく15km位はグラベルだったのでは?ロードでグラベルを走るのが、実はCXの練習にめちゃめちゃなるということを発見しました。雨で路面が濡れているのと、滑り易いのでトラクションの掛かり具合と、ラインを考えて走らないと力を無駄に使ってしまうし、パンクもする。下りも、ラインを選べば無理なく走れるし、ラインを間違えると曲がれなかったり、滑ったりするので奥がとても深い。


僕のバイクは鉄フレームに、フォークのコラムもスティールの頑丈仕様なのでグラベルでは安心感がありますね。僕は体重70kgありますので、さすがに900gを切るカーボンフレームや、1200g辺りを切ってる鉄フレームでは若干の不安があります(というかもったいない)。


Untitled
補陀落山荘に戻ってみんなで森林食堂のカレー。美味しすぎて、3杯も食べてしまいました。


Hunter Cycles
実は森林食堂の堀さんは四天王寺Movement堀さんの弟さんであり、この素敵なスーパースローピングのHunterのオーナーでもあります。シフターはRetroshift。今日のコースならこのバイクが一番楽しかったでしょうね。


Untitled
補陀落山荘は素晴らしいロケーションにあり、これは玄関からの眺め。


Untitled
ウッドデッキからはシングルトラックが見えるのです。


Untitled
プロジェクターで本日のライドを映像にて振り返ります。またGoPro動画でてくると思います。


Untitled
という訳で、ミウケン総合優勝おめでとう。森林食堂さんにSawadaさん、N先生ありがとうございました!大阪でもグラベルライド企画しないとダメだなー(ネタ集めしてます)。


そんな訳で、この週末はRapha Gentlemen's Race Shinshuです。楽しみです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1315