« Ganwell草津ナイトレース2013 | メイン | Random Oregon pics [1] »

2013 Chris King Gourmet Century

オレゴンの旅もこのGourmet Centuryが目的でした。ようやくこの日を迎えた訳ですが、連日自転車に乗りすぎて一同足がボロボロになっていました。しかし"グルメセンチュリー"という響きの甘美さに胸をときめかせながら参加したのです。



このGoPro動画を見て頂けると、大体伝わると思います。後半はクリスキングのファクトリーツアーの模様です。Above須崎さんのレポートも併せてどうぞ。


IMG_2791.JPG


IMG_2806.JPG


IMG_2827


IMG_2814


IMG_2832


IMG_2841


IMG_2843



完走しての感想ですが、意外と辛かったです。美味しいものが食べれますが、あまり食べるとライディングに響くので、どうもセーブしてしまうんですね。コースは最初と最後に峠が待ち受けており、クリス・キングさんのガレージを出発すると最後の峠が待っているので、食べ過ぎると酷い目に遭うのは分かっていましたので。


フードが素晴らしかったのはもちろん、負けない位に素晴らしかったのはその景色。もう一度訪れたいとさえ思いました。ヒストリカルなエリアあり、数十年前のトラクターが置かれ、時代が止まったかのような、アメリカの農村風景には感銘を受けました(写真ありません)。


下世話な話なんですが、このイベントは超人気らしく、申し込みのウェブサイトがオープンすると数時間で完売してしまうとかで、多くの参加者はPCの前で正座してブラウザをリロードして待機するんだそうです。参加費は確かUS$100ほどで、おそらく300人は参加していると思います。つまり、キングの売り上げは約3万ドル=300万円。


でも、このイベントが300万円で開催できるのかというと疑問な所。Raphaなどポートランドをベースにするブランドの社員がスタッフで動員され、ミニマムに運営されているとは思いますが、到底エントリー費だけで賄うのは無理だと。つまり、これはクリスキングのマーケティング、地元コミュニティへの還元、文化の創出という意味合いが強いイベントなのです。


是非来年は皆さんも参加を。


あともう1回くらいポートランドネタを引っ張っていいですか?



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1307