« Rapha Kyoto Gentlemens's Race 2013 | メイン | 7月23日〜7月31日までオレゴン州出張のため不在となります »

西薗良太選手と鹿児島合宿

先週末の話ですが、西薗良太選手と鹿児島合宿してきました。


一行で説明すると特に驚くようなことでも無い感じですが、僕がNYCに飛んで、イチローの家に泊まって一緒に野球の練習をするような、そう言うとてつも無いレベルのお話です。twitterで是非遊びに来てください、とお誘いを受けたので、社交辞令の通用しない僕はノコノコとJFK空港、否、鹿児島空港に降り立ったのです。



GoProを導入したので、自宅から鹿児島までの道中をお楽しみください。


西薗選手が凄いと思うのは、鹿児島というとても練習環境が良いとは思えない場所に住んでいて、さらにフィットネスレベルが近い練習パートナーにも恵まれている訳でも無い、という事実。それでも、プロコンチネンタルチームに所属し、ジロ・デル・トレンティーノを完走(ウィギンスなどと一緒に走ったっていうのが凄い!)ツアー・オブ・ジャパンで総合6位(日本人最高位)などのリザルトを残している点。


国内のティピカルなトップアマチュアレーサーというのは、同じ実業団チーム内や有志で集まって練習する、というのが普通なんでしょうけど、僕が気になったポイントは「一人でも強くなれる」っていう部分でした。これは、多くの僕のような低レベルなアマチュアレーサーにとって興味を惹かれる事実だと思います。チームで集まって練習するよりも、どちらかと言うと孤独な練習に明け暮れている人の方が多いのでは?


別に、もうそこに秘密は無いのですが、その孤独な練習を助けているのはパワーメーターであるのは疑いの余地もありません。練習の指標はワット数であり、その出力を分析して評価する、厳密なサイエンスの世界なのです。僕のLT値は3.8なんだそうです。体重70kgですので、その3.8倍の266wがなんとかギリギリ出力を続けることのできる数字になります。僕の3.8という数字がどれくらいショボイのかというと、だいたい日本のJPTを完走できるのが5〜、グランツアーを走ってる選手が6〜と言われているとか。「4.5まではすぐに上がりますよ」と慰めて貰いましたが、あまりに残酷な数字に震えました。


A Day with Ryota Nishizono from tkcproductions on Vimeo.


練習風景です。朝の食事、練習前のストレッチにコアトレ、練習が終わった後のクールダウン、サプリメントの取り方まで、全て見せて貰えました。


僕もそろそろ40歳の声を聞くのも間近であり、時間が無いのです!なので、少しでも効率良く速くなるには、遠回りはしてられないのです!


Untitled
二日間共快晴で焼け焦げそうでした。


Untitled
おっさんの自撮り申し訳ありません。KOOFU WG-1最高です。後頭部の突起も短くなって、シクロクロスでの使用でも調子良さそうです。突起が長いと、担いだ時に当たって気になるので。あと、KABUTOのグローブもお奨めです。素手派なんですが、これはフット感が素晴らしいので素手感覚が残っていて、クセになりそうです。


Untitled
霧島市のカルチャー寄りスポット、VOILA Coffee。オーナーの井ノ上さんは自転車にも造詣が深く、コーヒーの仕事でポートランドにも足を運んだりしているそうで、ポートランドの話で盛り上がったり。


Untitled
井ノ上さんは自転車にも造詣深く、と書いたのは失礼な話で、同じ屋根の下には瀬戸口近代車商会さんという素敵な自転車屋さんがあり、実質こちらを経営されているようで、鹿児島市内ではトレックショップも展開されています。自転車店とサードウェイブなコーヒー店の経営・・これは夢ですね。西薗選手は頻繁に立ち寄っているようですので、ここに行くと会えますよ。instagramもコーヒー好きの方は楽しめるかも。


Untitled
イオンに焼酎ありすぎ。


Untitled
見えにくいですけど、桜島が噴火してます。火山噴火が身近にある街って凄いですよね。


Untitled
B787だったのでプレミアムクラスにしました。この弁当が好きなんです。味以上に、見た目が美しくて、外国の人が喜ぶのわかりますね。アメリカ人にこれを作るのは200年後でも無理な気がします。


いや〜、鹿児島合宿勉強になりました。西薗選手を間近に見ていると、朝はiPadで英語のPDFの文献を見ながらコアトレ、夜はSkypeで色々連絡を取り合い、その日のパワーメーターの数値を見て練習の評価などもしているんだと思いますけど、完全にデジタルネイティブ世代の申し子というか、新世代のレーサーを見ているようで、感慨深いものがありました。


もう、信州に住まないと勝てない、みたいな時代は終わったのかもしれません。パワーメーターなどのデバイスにネットがあれば、地球上のどんな場所でも速くなれるチャンスはあるんだと。もちろん、高い分析能力に、自らを律する強い心があればの話ですが。僕自身でも、速くなる方法はなんとなく見えたので、後は僕がやるか、やらないかの世界。


頑張ります・・。西薗選手ありがとうございました。


西薗選手のtwitter
http://twitter.com/NishizonoRyota


西薗選手のブログ
http://nishizonoryota.blogspot.jp/


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1302