« X-Games Munich MTB Slope Style | メイン | Rapha Kyoto Gentlemens's Race 2013 »

Ahearne Cycle TruckでBBQ

先日、Ahearne Cycle TruckでBBQをしてきました。


Untitled
昼前にメールに気付いて、慌てて準備を。デスクが車に置いてあるので、とりあえずは駐車場に向かいながら、途中のスーパーでクーラーボックスに氷を調達。


Untitled
BBQ会場まで向かいますが、荷物はおそらく30kg越え。当日は35度ほどの灼熱だったので、結構辛かったです。走り出したら安定して全然乗れるのですが。それと、ブレーキをワイヤー引きにするか油圧にするか悩んで結局は油圧にしたのですが、これだけ荷物を積むとライダーと荷物、自転車のトータル重量は140kg辺りになるので油圧で大正解。ワイヤー引きでは正直不安だし、Vブレーキは論外です。


内装変速も信号停止で足を回すことなくシフトダウンすることが可能ですし、Alfine11sがあれば大体はカバーできます。という訳で、ある程度の荷物を搭載する予定の方は、油圧ディスクと内装多段変速は絶対のお奨めです。


あと、思ったのですがこれくらい積むとセンタースタンドの意味が無いですね。後輪が浮いて倒れてしまいます。Hunterがフロントキャリアの下にスタンドを装備していたと思いますが、あれは相当効果的だと思います。もう一つ、これくらいの荷物を載せるとゴムでV字に固定するのはダメですね。段差でゴムが伸びて荷物が浮いてしまう。なので、タイダウンなどでガッチリ固定しましょう。



なんとか到着。


969153_411282825647900_1244132538_n-thumb-426x426-4599.jpg


Untitled
Wolatiokのトートが良く雰囲気に合ってました。実はこのバックパックも使っていますが、調子良いです。そのうち、自慢させて頂きます。


8to8さんのブログにもこの日の模様あり!


Untitled


Untitled


Untitled
これもある意味、最高に有意義にCTを使用した例です。カーゴバイクを買うと生活が豊かになる、なんて安易には言いませんが、普通の自転車では無理なことでも実現してくれます。いいでしょ。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1300