« 5月の出来事など | メイン | 20年振りに »

Ahearne Cycle Truckその後

完成したCTですが、日常生活で早速使い込んでいます。


Untitled


Untitled


Untitled


Untitled


Untitled


Untitled


Untitled


Untitled


Untitled


当たり前ですが、便利です。クロネコに出荷に行く時、デリバリーの時など。リアのカセットを18Tから20Tに落とした結果、さらに使えるギアが増えて楽になりました。とは言え、車重がひと昔前のDHバイク以上にあり、前ハブにダイナモ、リアハブは内装11sのためフリクションは大きく、当たり前ですが頑張って踏んでいてもクロスバイクに抜かれることもあります。


例えば納品に出かけた帰りにそのまま酒屋によってお気に入りのビールを大量購入したり、カバンを背負わなくても思いつきで買い物ができるのが相当便利です。これに乗ると生活が豊かになる!!とまでは言いませんが、心の余裕というか、そういうのは感じます。


自転車としては、内装にディスクブレーキ、そしてハブダイナモが便利過ぎます。たとえば雨ざらしの駐輪をせざるを得ないケースでも、雨によるダメージをあまり心配しないでもいいです。ブレーキもディスクなので軽いタッチで安定して効きます。実は、フレームのアウター受けが油圧に対応していなかったので、ワイヤー引きも考えたのですが、やはり油圧にして正解だっと思います。


あと、ダイナモ。電池をいちいち入れ替えなくていい、っていうのだけで本当に楽です。もちろん、明るさは電池式を遙かに凌駕するのはもちろん、Supernovaのハブダイナモはセンターロック式でディスクブレーキが使えるのがナイス。そして、洗練されたマウント、リアライトも軽量で素晴らしい明るさです。


また、積載性能ですが、50kg前後の荷物を積んでみましたが、普通に走れました。さすがにハンドリングはシビアなりますが、それでも50kgを積んでいるとは思えない安定性、おそらく70kg位までは積載可能では?と思わせる安定性です。


さて、今後ですがバスケットを外してみようと思っています。バスケットがあるが故に、それ以上のものは積載できないというジレンマがあるので、荷物固定ストラップを併用してもっと色々なものを積んでみたいと思います、このバイクはまだまだ未完成、僕の個性に染めて行きたいと思います。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1290