« ポートランド二日目と三日目その2 | メイン | ポートランド番外編 »

ポートランド二日目と三日目その3

次はちょっと買い物に21st Avenue Bicyclesへ。ここにいたアマンダちゃんはChrome Bags PDXのマネージャーになって知ってる顔がありません。Rapha North Americaがすぐ近所にあるので、ストリート雑誌風に言うと重要ショップです。特に変わった物を置いている訳では無いのですが。


Untitled
tweetしたら好評だった工賃表。参考にしてください。


Untitled
Rapha North Americaです。ここでもケビンの子犬は大人気。ケビンがRapha North AmericaのJDにインタビューしたテキストがPDWのブログに上がってますので、是非チェックを。この場所はパラマウント映画のオフィスだったそうで、社内に試写室があります。例のランスの告白の時はみんなで見ていたそうです。この、カーテンも何も無しで全部見せる、っていうスタイル憧れます。


JDはTonic CX Team Japanのことも知っていてくれて、ちょと前に話題にしていたとか。光栄なことです。SNSの普及で物理的な距離を飛び越えて情報が飛び交っていますけど、そんな洪水の中で記憶に残ることなんてほんのわずかな部分だけですからね。僕のこの冬の活動は一定の成果を見たのでしょうか。


Untitled
名刺を置いていったら、アメリカの携帯の番号が書いてあるのを見て、ジョーダンがわざわざ電話くれたので、再びハフナゲルのショップに。家具職人と場所をシェアしてるのですが、その家具がかっこいい!この寄せ木のキャビネットいかす。


Untitled
これもいい!ジョーダンはフレームの受注を辞めて最後の数本に取りかかっていました。現在West Americaというプロジェクトをやっており、今年はパタゴニアまでモーターサイクルで1年間の旅に出る予定だそうです。その後、某超有名ブランドとのコラボレーションを予定してるとか。


ずばりWest Americaこの感じなんです。NAHBSでもそうでしたが、アドベンチャーなんです。インダストリアルな、適度に男臭い冒険。でも、適度にお洒落。最新機材を使うんじゃなくて、かと言って高価な価値のあるビンテージでも無い。そんなさじ加減。説明するの難しいですが。


Untitled
ジョーダンが製品サンプルの、オイルキャンバスにペンドルトンのファブリックを使ったウォレットをくれたんですが、これは良いですよ。ノートが入るのがポイント。


Untitled
夜はLumberyardという去年オープンしたインドアのバイクパークへ。著名なRay'sと同じコンセプトですね。自転車とヘルメットを借りて$28でした。Tevaのシューズからパッドなど全てレンタル可能です。ポートランドの業界人が水曜日夜はここに集合する、っていうのが恒例になってるそうです。ちなみに木曜日はPDWの倉庫でバスケです。ディラン(キングの)が色々教えてくれて、結構真面目に乗ってしまいました。正直、めちゃめちゃ面白いです。ますますMTB熱上昇。


Untitled
日本では有り得ないですが、奥の方がカウンターになってて、酒が飲めます。簡単な食事も。Tonicのトニーは息子のセスと結構通ってるそうです。


Untitled
そんな感じでポートランド最終日を限界までエンジョイして帰国。ビール7リットルにコーヒー3kgにフレームとフォーク1本づつにその他色々で荷物は50kg近くでした。


まだ番外編へ続きそうです


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1272