« ポートランド初日 | メイン | ポートランド二日目と三日目その2 »

ポートランド二日目と三日目その1

ポートランド二日目のことも書いておきます。楽しみにして頂いている方もおられるみたいなので。


Untitled
自転車屋さんの横にあるアンティーク屋さんにたまたま入ったらジョーダン・ハフナゲルに遭遇。Above須崎さんとあらゆるものに夢中になってしまいました。ジョーダンの姉だか妹だかが店員してます。こういうインダストリアル系(こういうジャンルがあるらしいです)のアンティークは面白いですね〜。色々買い物してしまった・・。


Untitled
シグナルへ。大きな倉庫跡のような建物の中に自転車屋、シグナル、Corsa Concepts、Ahearne、Igleheart、車屋、アーティスト(絵描き)など、聞いただけでこれだけの面々でシェアしています。


Untitled
シグナルのマット。後ろのフレームのヘッドチューブはテーパードなんですよ。例の、クリスキングがインターバイクで発表してた(Argonautに装着されていた)新しいスタンダードなんですが、マットいわく44mm HTはCXには良いけど、ロードにはちょっと剛性が高すぎるのではないか?ということで、新しい試みをしてるそうです。そういえば、シクロクロスのプロダクションモデル、Crusadeのオーダー締め切りが3月15日までだそうですよ


Untitled
横のドアを開けてジョセフ・エイハーンに挨拶。彼からサイクルトラックを購入したのですが、Fが20"、Rが26"という組み合わせのフェンダーが無くて、相談したら在庫あったので売って貰いました。


Untitled
AhearneとMAPのコラボレーションです。誰か欲しいって言ってたと思うのですが、6,000円でお願いします。


Untitled
Igleheartが東海岸から引っ越ししてきました。去年までここにMAPが入っていたのですが、ミッチが地元の北カリフォルニアに戻ったので代わりに入居。Cieloで4ヶ月働いて、今は色々な所のフレームを手掛けています。NAHBSで展示されていた、あそことかあそことか・・。Fat Chanceの最初の社員だったというレジェンドです。NAHBSで展示してあった某ブランドのフレーム全部を一日で溶接してしまったんだそうです。


Untitled
三日目は須崎さんを空港に送ってからトニー・ペレイラのショップへ。自宅横のガレージです。アイラ・ライアンと共に立ち上げたBreadwinner Cyclesについて色々聞いてきました。トニー・ペレイラとアイラ・ライアンの二人はPDWと友達で、彼らのショーバイクにはほぼPDWのグリップが採用されてきました。実際、来季はPDWのダンが一緒にBreadwinnerのチームをやるって言ってました。楽しみですね。ただ、まだ量産体制とはほど遠いですので、デリバリーは当分先ではないでしょうか。


石を投げればフレームビルダーに当たるポートランド。長くなるので続きます


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1271