« BLKMRKT EDIT1とUNDERBOSS入荷! | メイン | 関西シクロクロス 第9戦 滋賀県希望が丘文化公園参戦記 »

関西シクロクロス 第8戦 神戸市北神戸田園スポーツ公園参戦記

えー、もう金曜日なので次のレースまでに先週のレースレポートやらないとまずいですね。関西CX北神戸のレポートです。去年のレポートはこちら。去年は初の一桁である6位だったので、結構気合い入れていきました。


すでに7戦を消化して、単純に14人の選手が昇格してC1に行ってる訳で、その分成績はシーズン後半に向かって右肩上がりになるのです。自分が速くなったと勘違いしますけど、走ってるパックを見ると自分がそれほど成長してないのがわかりますので、幻想抱きません。


くろんど池から2週間のインターバルということで、比較的内容の良い練習を積むことができ、疲れも良い感じで抜けていました。前日土曜日にいつもの練習コースで久しぶりにタイムアタックすると目を疑うような好タイムが出たので、日曜日は結構いけると確信。PM10には就寝。


Untitled
年末からコッシーがコーヒーを振る舞いたい、と聞いていたので、今回はコッシーのためにテントを張った感じ。自宅DJがとうとうクラブデビューした感じですね。最初はかなりてんぱってましたけど、色々ノウハウも獲得することができたそうで、次回は堺に出店してくれるみたいです。ちなみに無料ですので(せめてチップくらいあげてください)。屋号はENJOY COFFEEです。


Untitled
クリスキングのタンパー(たしか中川さんがランスの店のカフェで買ってたやつ)にPDWのグリップを使ったバスケット。


DSC_8570
さて、試走です。気温が-3℃だったらしく、これ、全部凍っています。轍のエッジでタイヤをパンクしそうな感じすら。もう、スケートリンク並に滑ります。ギリギリまで試走したのですが、全然攻略できた感じがしない。でも、気持ちを切り替えてスタートの場所取りをしてから公園の外に出て実走で比較的強度の高いアップを。くろんど池や丹波でアップ不足を感じたので、新たな試みです。


DSC_8885
レースは場所取りの効果もあり、シードのすぐ後ろである3列目のイン側を確保。ところがなんとSPDを外してしまい、得意のスタートで前に出ることができず!同じ列でスタートした丸山由紀夫選手は平田クリテで見たのと同じ、鮮やかなラインどりでロケットのように前に上がって行きました。上の写真は渋滞にはまってしまい、焦っている所ですね。


DSC_8937
で、なんとか頑張って順位を上げて行ったのですが、個人的に震撼する瞬間が。あの、CRCのオッチー選手の前に出ることができたのです。この急坂、坂の直前にステップと溝があり、担ぎですぐに坂、しかもそこはドロドロという難しいコンディションなのですが、ステップの後に少しだけある泥の平地で冷静にSPDを入れてからバナーの方にラインを変えて、芝生の残っている所を走るとグリップして登れるんですね。僕はめちゃめちゃ地面を凝視してますが、どこがグリップしそうか探してます。


SVENNESS No. 1 from In The Crosshairs on Vimeo.


これ、すばらしく良く出来たビデオなんですが、UCI WCの難所でいかにネイスが走るのか、全ラップを収録しているのですが、彼の自由自在なライン取り、そのクリエティビティに感動すら覚えます。アルベルトの方が独走力、スプリント力が上なのは間違い無く、平地中心のドライなコースならアルベルトはネイスに負けることは決してないでしょう。しかし、このような難しいコースならテクニックでそれを補うことができるのです。今は自分のテクニック不足を痛感しており、イメトレのため今季のありとあらゆるCXのレースは鑑賞しています。


レースの話に戻ると、結局はオッチー選手の前にでれたものの、恐くてバニーホップで飛べない溝を担ぐ時に2回連続で転倒するなど細かい失敗を犯し、最後はタレてしまい13位/58人の22%フィニッシュでした。正直、一桁も見えたのですが、もっとミスを減らさないと難しいです。凍結して一部区間がC2でカットされたものの、今季一番難しいコースだったのは間違い無いと思います。ここで今季最高成績を残せたのは自信になりました。


DSC_8950
丹波のC3で独走優勝して今回のレースからC2だった丸山由紀夫選手でしたが、全然前に見えなかったです。一時は2位に30秒をつけての独走だったようですが、パンクで自転車を交換して4位。溝越えのバニーホップを欲張らなければ優勝していたでしょう。正直、勝てる気がしません。恐るべし。またここに目標が生まれたのです!


394900_438783906188133_1941490662_n.jpeg
この日は広島シクロクロスも開催されており、なかなかシュールな風景ですが、コースも相当面白かったそうです。


540876_438784432854747_1716407172_n.jpeg
伊澤選手がC1に参加。6人のエントリーだったそうです。このレースから伊澤選手もカバー付のヘルメットに。良く考えると、Tonic CX Team Japanほど徹底して機材が統一されているチームは国内に存在しないのかも?


542050_438784552854735_210596780_n.jpeg
3位で表彰台でした!


DSC_6012
あと、前田選手がブログを一気に更新する、という荒技を決めています。是非こちらをご覧ください。 http://pinarancio.blogspot.jp/


この週末は関西CX希望ヶ丘に森本、GPミストラルに伊澤、前田が出場しますので、是非応援をお願いいたします。最後に、今回のレースで写真を撮ってくれたdskさんありがとう!


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1254