« YUTARO"MIYA-G"MIYAMOTO - SUMMER 2012 | メイン | インターバイク2012アウトドアバイクデモ2日目 »

インターバイク2012アウトドアバイクデモ初日

インターバイク2012アウトドアバイクデモ初日が終了しました。今日は30kmほどダートを走りまくり!


IMG_1898.JPG
FSAのブースにBLKMRKT EDIT1が置いてありました。誰のバイクでしょうか。


IMG_1903.jpg
ブリッジに1の文字が。


IMG_1902.jpg
シートチューブにEDITとレーザーエッチングが入っています。僕も現物を見るのは初めてでしたが、かなり目立っていました。


IMG_1880.jpg
クリスキングがとうとうPF30のBBをリリース。


IMG_1885.jpg
新しいInSet8がデビュー。1 1/8 - 1 1/4"の44mmヘッドチューブ用で、現在ではENVE、ウィスキーなどからこの規格のフォークがリリースされており、クリスキングのスタッフに聞いて見ると、「マジョリティにはならないだろう」とのこと。1.5"が強いですからね。でも、見た目がすっきりで良いかも。



SRAMの1x11です。40Tのロー側ギアがうける!


IMG_1894.JPG
TURNER BURNER
これは登りも下りもしっかりと乗り込みました。650Bです。


IMG_1888.JPG
INTENSE TRACER 27.5
これはちょい乗り程度。


Untitled
RMB ELEMENT
比較用に29erも。これもかなり乗り込みました。



KHS sixfifty650XC
写真適当ですが650Bです。これもかなり乗りました。



YETI SB66
今では小径車と呼ばれる26"も比較用に。


IMG_1892.JPG
こうやって650Bのバイクが3台並ぶのはまだ珍しいかと。


IMG_1874.jpg
これはほぼ山頂で、GARMIN見ると標高1000m超えてます。


IMG_1875.jpg
遙か遠くにラスベガスのダウンタウンです。トレールが無数にあり、それこそエクストリームなやつから、気持ち良くフローのあるトレールまで。1日で走りきるのは無理だと思います。26"/650B/29erと3種類の車輪径を色々と乗り比べてみましたけど、こんな日本には絶対存在しないような地形で乗った感想を皆さんにお伝えしても、皆さんの参考になるのかまったく不明です。車輪径を含めたMTBのスタイルは母となる地形(トレール)が醸成するものであって、地形を語らずしてMTBの車輪径を語るのは、土を知らずして、ワインを語るようなものなのかな?


明日も引き続き乗りまくります。MTBが楽しすぎてつらいです。なぜかというと、日本に帰っても同じような体験をするのは絶対に無理なので。ウィスラー中毒者が続出しているのが分かります。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1222