« Retroshift CX2n Green/Blue/Goldが初入荷 | メイン | BLKMRKT2013モデルは9月下旬入荷予定となりました »

平田クリテリウム2012 第7戦C3に参戦!

第4戦C3第5戦C2と参戦しており、第6戦が雨で流れたので第7戦です。


Untitled
先々週はもっつ先生達、固定乗りの友人とアワイチしてきました。南側をカットしたので120kmくらいですが。僕だけロードだったので、終始前を引く感じで、いつもの練習とは逆の感じ。前を引くのは後続に危険を知らせたりする責任が生じますので、結構それはそれで緊張を強いられますし、風を受けるので足にも来ます。下ハンを持つ練習だと思い、風と友達になる方法を色々考えながら走りました。テーマを持って走るのが大事ですね。詳細はもっつ先生のブログにて。まだ完結してないっぽい。


Untitled
ソウ君とLow。結構珍しくないです?


で、先週月曜日PM9なんですが、すっかり平田クリテのエントリを忘れており、twitterのTLで気づいて、飲み屋のカウンターからiPhoneで申し込んでみたら数分しか経ってないのに定員!ですが、Hatchさんに関係者のtwitterアカウントをフォローするように勧められ、数日後にtweetされたキャンセル枠を即ゲットしてエントリーに成功しました。hooray!!


水曜日は恒例の水曜練、この日はトライアスリートの方が参加し、平地でTTポジションにて前を引かれると付き切れしそうになるんです。もう、泣きそうになりながらなんとか練習終了。普段より強度低め?と思ってStravaのデータ見ても全然そんなことない。回復に努めようと思って木金土は一切自転車に乗らず、日曜の平田クリテを迎えました。


DSC_3112
到着が遅かったので、雨上がりのウェット路面にも係わらず試走する時間がなく、軽くアップだけしたのですが、前のクラスで救急車が入って進行が遅れたのでその隙に一周したら、整列が始まってる!ギリギリで間に合って苦笑いで最後尾からスタート。ここで一発心拍を上げておけたのは良かったです。


DSC_3179
序盤は10位前後で埋まっていたのでしたが、コーナリングでどうしても詰まってしまうので前へ前へと言ったら気が付けば意図せず最前列まで。前半は先頭の立派なふくらはぎを持った方の後ろに張り付いていました。セコくこの人のバックで最後まで走ろうくらいの勢いだったのですが。後ろのピンクのワンピの方も強かった印象。


練習はウソをつかないなんて言いますが、これガチです。展開でどうしても前を引いて足を使った後でも、誰かの付き位置に入って「踏んでるようで踏んでないけど、じわっと踏んでるペダリング」をしてるといつのまにか足が回復しており、また前に上がって行けるんです。あと、師匠と山を走り倒しているので、コーナリングが上手くなっており、終盤には全コーナー、ほぼノーブレーキで突っ込んで行くことができました。その分スピードが乗っているので立ち上がりが楽、立ち上がりのダッシュでも全然足が回るんです。後で聞くと、僕が先頭でコーナーに入ると集団の列ががぐっと伸びていたそうなので、これは嬉しい事実。


DSC_3206
丸ハンに換えてから下ハンを持った時のポジションがぐっと改善されましが、もうちょい肘を曲げたいかな?


DSC_3224
実は最後の2周までは練習のほうがキツかったです。7周目の最終コーナーに先頭で全開で突っ込んだら僕の真後ろで落車が発生、この時、これに乗じて逃げれるかも?って思って中途半端に踏んだら足がなんだかいやな感じに。最終周回に入り、最終コーナーを立ち上がった時点で2位。このままいけるかも?と思ったら左右からグワっと4人上がってきて、僕もダンシングで反応しようと思ったら足が動かず終了。6位でした。不満は残るものの、集団でゴール、あわよくばゴールスプリントに絡む、という目標は達成されました。


とりあえずは練習の方向性が間違っていなかったみたいで、安心しました。参考になればと思い、僭越ながら紹介させて頂きます。


練習方法:
●ローラー台をやめた
●その分、週に1度の水曜練で強度の高いトレーニング
●ローラー台の替わりに舞洲などで周回トレーニング
●とにかく実走でスキルを磨く
●風を意識して走る


機材:
●過酷な水曜練に対応するためBORAの替わりにレーシングゼロを導入
●丸ハンに変更、下ハンを持った時のブレーキング、シフトのし易さを改善


という感じです。毎日時間を気にしながら30分とかの細切れでローラー台をやるよりも、水曜練で一発強度が高いのをやっておいて、乗らない日は乗らないと決めて回復に努める方が肉体的にも精神的にも楽ですし、僕に向いているみたいです。なにより不足しているテクニックが付きますし。


さぁ、C2に上がるか、C3で勝利を狙うか・・。でも、C3で勝つにはスプリント力とレースの展開を作る力がもっと必要のように感じるので、今季は無理なような気がします。C2で揉まれる方がいいかな?前川君写真ありあがとう!あと、Hatchさんに頂いたBucyo Coffeeのレーコーにラスクが美味しかったです。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1208