« Retroshiftの一部が明日か明後日に出荷されます | メイン | Sensus Swayzeロックオングリップが入荷します! »

44mm HTとChris King InSet 7

これからカスタムの鉄やTiフレームで主流になりそうな44mmヘッドチューブにChris King InSet 7と1.5"テーパードコラムフォークの組み合わせです。


Tonic Fabrication Magnum CX Disc 52.5cm


お客様からのオーダーなのですが、Tonicでテストで組み付けたものです。トニー曰く、この組み合わせが最も軽量で剛性があり、コスト面でも有利なバランスの良い手法だそうです。未だに1 1/8"のOSヘッドチューブのご要望を頂くのですが、そのほとんど(というか100%)がChris Kingのヘッドセットを使いたいという理由です。


大きなサイズなら良いのですが、どうしても小さなサイズであればヘッドチューブ長が短くなりますので、色々剛性面などで不利になります。しかし、この44mm HTを採用すると全てが解決するバラ色の手法なんです。唯一、ヘッドチューブがファット過ぎるのでは?という見た目の問題がある位で、これは好みですね。1.5"テーパードコラムのフォークは今では普通に手に入りますし、44mm HTお奨めです。ENVEもディスク仕様フォークのラインナップを充実してますので、ディスクブレーキのシクロクロスなどいかがでしょう。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1198