« 年末年始のこと | メイン | 24/SE7EN Video Mag.6 Andy edit »

BLKMRKT EDIT1

昨日fbにてsneak peek的な画像が上がっていましたが、とうとう本日にBLKMRKTのブログにて発表されました。


BLKMRKT EDIT1


BLKMRKT EDIT1


BLKMRKT EDIT1


BLKMRKT EDIT1


Edit1 Specs


HA: 69*
SA: 71*
BB: 12.5"/ 317MM
CS: 15"/ 381MM
Weight: 4.9lbs. / 2.2kg
Max. Tire Clearance: 2.1"
Seat Post: 27.2mm


Sizes: 21.5", 22", 22.5", 23"


Options:
Euro or Mid BB


Colors:
Raw, Flat Black, Ferrari Yellow ( Adam Hauck's Signature Color )


*Requires Integrated 42mm Headset


S&Mと袂を分かってからもう数年が過ぎていますが、BLKMRKTのボスであるカーターはその間もアメリカ製のMOBを復活させる為にファクトリーを探していました。1度は同じカリフォルニアのSolidに決定したと思われたのですが、MOB復活との知らせを受けてからさらに1年が過ぎ・・。安い価格で生産をしてくれる所が見つからなかったため、かなり苦労したようです。


しかし、カーターは同じオレンジカウンティでとうとうビルダーを捜し当てたのです。MOBはEDIT1というモデル名で復活します。短いチェーンステイに上げられたBB、スウェージングからプレーンになったリアバックに短いエンドなど、いわゆる最新のトレンドを取り入れています。しかも重量は2.2kg。


MTBハードテイルに革新をもたらしたとDeclineマガジンでも絶賛されたMOBですが、ハードテイルのトレンドは移り変わりが早く、カーターが慎重だったのもあり、大きなジオメトリーの変更は無く、小さなマイナーチェンジを地味に繰り返してきただけでした。以前に直接本人に「モデルチェンジしないの?」と聞いたことがありますが、その返答は「MOBは変えない。新しいモデルを出す」でした。その新しいモデルがEDIT1です。


弊社でもサポートしてるKNS.LoのKazy、Seima、Yushiの3人がわざわざ電話してくる位のニュースだったみたいで、Kazyは「最新のトレンドだけどBLKMRKTらしくない」と心配し、Seimaは素直に喜び、Yushiは


"blkmrktの品質は絶対です 数年前までは考えられなかった奇抜なジオメトリーもライダーに馴染んできたところで出てきたEDIT1は完成形といえるかな…?"


tweetしてます。まだ正式な発売時期は決まっていませんが、ご期待ください!価格はアメリカで$450ですので、なるべく安くで出せるように頑張りますよ!



ロシアのVishneviy先生です。EDIT1に乗るとこんな感じでのれます。たぶん!



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1129