« Tonic Barnstormer 29er | メイン | Matt Jamieson & Jake Kinney »

関西シクロクロス 9戦 堺市みなと堺グリーン広場参戦記

記憶の薄れないうちに書いておきます。


北神戸で6位となり、まじで昇格が見えてきたのですが、残念なことにみなと堺グリーン広場は埋め立て地であるため、ド平坦。正直、ちゃんと足のある人が勝てるコースだろうと予想はしていました。ただ、僕は登りもダメ、平地もだめ、じゃぁどこが得意なんだ?っていうことになるのですが・・。前日土曜日は冷たい雨、日曜日は晴れで気温も上がる予報で、決勝当日はドロドロになれ!と正直思いました。今季、ドロドロのレースの方が良い成績が残っていますので。


関西シクロクロス 第9戦 堺市みなと堺グリーン広場
さて、レース前日はたいして飲酒もせずとっとと就寝、翌朝うちまで6:30に来てくれた奥村君を乗せて、そのまま渡辺夫妻もピックアップして一気に堺へ。近くていい!エントリーが多すぎて、若干駐車待ちの渋滞がありましたが、8:00過ぎには用意を開始して試走へ。


関西シクロクロス 第9戦 堺市みなと堺グリーン広場
北神戸から軽く掃除した位でほぼ放置だったので、変速が不調。奥村君がばっちり整備してくれました!クラスはC3A。今回はエントリー多数でABCの3クラスに分けられていました。


関西シクロクロス 第9戦 堺市みなと堺グリーン広場
試走の模様。だいぶシケインこなしも様になってきたでしょうか?コースは予想よりも乾いており、コーナーが所々滑るかな?という程度で、わざわざ耕された砂場も締まってラインができていました。最もやっかいだったのは木の根がボコボコした場所。根が滑るし、丁寧に行かないと明かにパンクしそうでした。


と言う訳で、フロントの空気圧はやや下げ目、リアは高めというセッティングに。シーズン最初は空気圧計を見て「2.2気圧だ!」なんてやってましたけど、今は適当です。とりあえず2.3気圧ほど入れてコースをまぁまぁのペースで走ってみてリム打ちが起こるなら上げるし、細かい振動が増えてグリップ感が無いなら下げるという感じです。適当に抜いたりしてるので、正直どんな空気圧で走っているのか知りませんww 数値に縛られず、フィーリングで行く方が良いかな?と思います。ちゃんとした空気圧計買って、決勝の空気圧をデータとして残して置く方が良いとは思いますが、あまり今後の参考にならないと思います。あと、他の選手の空気圧を聞いてもそれほど参考になりません。体重も乗り方もタイヤも違うので、参考程度ということで。逆に、体重もタイヤもカテゴリーも同じ人がいるなら参考に聞くのはありかも。



今回は堺と会場が近いので友人が多数来ていて、良い感じで自分のスタートまで過ごすことができました。C1のレースもじっくりチェックして、勉強!C1のレースは絶対に見るべきです。で、C1の観戦に夢中になって自転車を並べるのを忘れており、時すでにお寿司。3列目でした。所が、シードということで最前列ゲット。ラッキー!


DSC_4891
それほどスプリントという感じでは無く、軽い感じでいったらそれでもトップに立ってしまったので、とりあえず先頭を走ってみました。とてもきもちいい・・。この後、激速ですが、ジュニアのため昇格できず、C3で走ってる中学生(?)に抜かされ、さらにもう一人抜かされて3位までダウン。しかし、先頭は昇格対象外のため実質2位。つまりこのままゴールすればC2に昇格できるということ。しかしそんなに甘く無いのがレース。



低い方のシケイン。自分では風のように駆け抜けているのですが、動画で見ると遅すぎてがっかり。3位争いで、この後に後ろの選手に抜かされてしまいます。で、翌日の月曜にその彼がtwitterで披露してくれた作戦が、


"じつは、他のリザルトとか見て、北神戸から、TKCさんを中盤までストーキングすれば結果出そうっていう感触があったので、後ろにべったり張り付いてスタートからストーキングサせてもらいました。"


"今更だが、昨日の作戦。序盤はTKCさんをストーキング、中盤にTKCさんが疲れて来た頃に追い抜く、そのままのペースを維持でうまく行けば、優勝は無理だが、2人目枠で何とか?って感じ?若干後付ですが"


と。秘技「黄金のタレ」を繰り出す僕のスタイルを完全に把握した上での冷静な作戦!正直、僕は他の選手のリザルトまで細かくチェックしてレースの組み立てをしていませんし、そこまで冷静に走れるのは凄いです。ただ、その選手と僕は最終的に40秒差でしたので、作戦以前に実力差がかなりありますね。



で、これが4位争い。後ろの人はローディーの方なのかな?明かに僕よりも実力は上で、一旦は抜かされたのですが、低い方のシケインでなんとか抜き返したと思います。この動画はやっかいな木の根セクション。インをコンパクトに回るのが速いのですが、立ち上がりに根っこがあってやっかい。


DSC_5130
ここは担ぎの方が速いと判断。かなり良いこなしをしたつもりでも、後ろの人が離れないガクブル。この辺りのセクションは歩きやすいガエルネのシューズに換えて大正解。結局、ゴールまでなんとかヒーヒー言いながら踏んで、5位の選手には僅か3秒差でゴール、リザルトは4位/45人でした。


3位の選手との40秒差は果てしなく遠いです・・。もっとスタートをセーブして、前の選手の動きを見て、なんていう戦法も考えたのですが、それではC2に上がってもレースに参加してる実感も沸かないでしょうし、理想はスタートからガンガン行って優勝できれば理想なのですが。最終戦の桂川に全てを掛けるしかありません!!


ピスト乗りのもっつ先生のブログが涙なしで読めません。自転車整備編/前編/後編


という訳で、応援して頂いた皆さん、写真を撮って頂いた皆さん、自転車直してくれた奥村君ありがとうございました。最終戦でC2に昇格して恩返ししたいですが、10日間ほどで何ができるのでしょうか・・


関西シクロクロス 第9戦 堺市みなと堺グリーン広場
SoundLink Wireless Mobile speaker - LX
サイズ的にも音量的にも、これが今の僕にちょうどいい。
今更ながら、ワイヤレスって美しい。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1133