« ふじのくにCYCLE FES | メイン | Bicycle Lights by PDW »

野辺山シクロクロス

野辺山へはGoogle Map様が2番目に提案したマニアックなルート選択し、西富士を越えてドライブ。本栖湖とか精進湖とか、あの辺ってなんかいいですねー



野辺山に太陽のあるうちに到着したものの、寒すぎて試走断念。夜は八ヶ岳バイシクルスタジオさんのパーティーへ。その後はホテルのロビーでさらに飲んで、明日に備えて早めに就寝。



翌朝は早起きして、TKCのブースを設営して試走へ。結構路面が滑るので、減ったタイヤじゃだめだと思って新品ホールを投入。白タイヤかっけー!


387739_2347140993032_1085262999_32025644_1834741153_n.jpeg
photo: Kei Tsuji
で、試走も差がでそうな泥セクションを何度も反復練習して体にしみこませ、このセクション対策にリアタイヤの空気圧を下げることに決定。ミウケンが僕のバイクを整列してくれて、なんと最前列ww アップもイイ感じでできていたので、最初のアスファルトもけっこう掛かって、6〜7番手くらいで泥エリアへ。練習のおかげか、めっちゃスームズにいけてさらに順位を上げ、「俺ってTop10いけんじゃね?」と勘違いした直後位から前輪から振動が増えてきて、まさかのパンク!終了!あまりにがっかりしてそのままDNFしました。


457362987.jpg
近藤さんが撮影してくれた、失意の内に自転車を洗う僕です。竹谷さんに色々アドバイスを貰ったのですが、前日に95km走った影響で筋肉にハリがあり、逆に足は回りました。僕くらいのレベルだと、オーバーワークなんて無いですよね〜。これ、結構な収穫。



あとはミズタニさんとスペシャライズドさんの間、という畏れ多い場所で普通にTonicを紹介したり、ストーブの前に陣取って仕事してました。色々な方に声を掛けていただき、嬉しかったです。


DSC_0214
このスク水の人盛り上げてましたね〜!しかもマジで速くて、京大生とか??SSCX(School-style Swimwear CycloX)らしいですww



C1はちゃんと観戦したのですが、凄い人!トータルでは1000人ほどいたとか??



レースの模様はこちら。辻浦圭一、竹之内悠、山本幸平のガチバトルになると思っていたら、幸平がちょっと離されて、終始辻浦vs竹之内の戦いでした。実は、先週のマイアミで悠が辻浦から14秒差とかだったかな?テクニカルなコースだったのに、それほど圧倒的な大差が付かなかったんですよね。ヨーロッパ行って強くなりましたよね〜。


最後は悠が圭ちゃんを突き放し、幸平が追い上げるという感じでレースは決まりました。CXはやはりCX独特のスキルが必要で、MTBで無敵を誇っても通用しない部分があるんでしょうね。僕も参戦して思ったのですが、スピードを上げる走りではなく、いかに落とさす、スムーズに行くのか、って感じです。焦って踏んでも自爆するだけで・・。とにかく勉強になりました。


DSC_0434
3人ともかっけー!


写真はpinarancioさんとか、Kei Tsujiの所に素敵なのが沢山ありますので、ぜひチェックしてみてください。


DSC_0423
矢野さんお疲れ様でした!最高のイベントでした。あっ、僕の車の鍵が見つかったらまら連絡ください!


そうなんですよ。ディフェンダーのドアの鍵だけ紛失したのですが、スペアも無くて・・。シリンダーから製作して貰える所で良いところってあります?ブランクキーは英国から取り寄せできるんですが。まーまー困ってます。さぁ、週末はまた関西シクロクロス!野辺山の悔しさを晴らします!


そういえば、野辺山で「シクロクロスってお洒落〜」とか思った人、野辺山とか秋ヶ瀬が特別なんです。関西クロスの素っ気なさパないので。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1114