« Tonic Fabricationのオーダーについて | メイン | BLKMRKT新製品情報 »

関西シクロクロス 開幕戦府民の森ひよし参戦記

記憶の薄れないうちに書いておきます。


関西クロス・プロローグ大会に参戦してから自分のダメな所を少しでも修正しようと思ってダイエットに励むなど、それなり努力したのですが、なんと参戦前日の土曜日、タクシーから降りようと思って身をかがめた瞬間に左腰がギックリ腰に見舞われました。もうガックリです。


わざわざ某五輪アスリートがtwitterでメールをくれて、それによるとギックリ腰は患部のアイシングが良いそうです。20分キンキンに冷やして、40分休む。それを3回繰り返して、当日の様子次第でレース出場を決める方がいいそうです。アイスバスよりよりこちらの法がキンキンに冷やせるので効率的とか。それを聞いて即実行、2セッションを終えた所でちょっと用事(肝臓のトレーニング)ができて外出しちゃったのですが、少し楽になったような?結局、この日はAM3くらいに就寝、目覚ましもしないで寝て、朝起きて腰がマシだったら出場しようと思いまして。


dfae5dc2081111e1abb01231381b65e3_7.jpg
で、AM9に起床するといけそうな雰囲気だったので、慌てて準備、尼崎からKossyが観戦に来てくれることになり、AM10に出発。


83df8ee0082411e180c9123138016265_7.jpg
AM12に会場である日吉ダム上にある府民の森に到着すると、即用意して試走、空気圧を1.75ほどで走ったのですが、リム打ちしてまともに走れない・・。これはまずいと思ってコースを3/4ほどゆっくり走った所で試走終了。なんと!周りに情報収集すると、どうやら2.5では高かったということで、2.3で決定。


da49f1f2082511e1abb01231381b65e3_7.jpg
試走なので寒いと思って、Rapha Long Sleeve Jerseyを着用。青いフレームに青いジャージ、いいんじゃないですか?でも、まだこの時期は暑いですね。自分のダンシングしてる姿を写真でちゃんと見るのは初めてです。こういう写真残して貰えるの嬉しいですね。黒のソックスに白のシューズという組み合わせ、自分では最高にカッコいいと思ってます!


96471f62083811e180c9123138016265_7.jpg
PM1頃からダムの下の方まで走りに行ってアップ、その後に洗車。前回の反省を生かし、SPDにはワコーズのメンテルーブを大量に噴霧しておきました。これで少しは入りやすくなるかな?この辺のワークフローは、DVD製作してた時代にトップ選手と身近に行動することが多かったので、凄い参考になってますね。今さらのことですが。で、前回よりちょっとは早くスタート地点にバイクを並べたつもりだったのですが、すでに最後尾orz...。


てな訳でPM2:30にスタート。スタートと同時に、まぁまぁイイ感じにSPDも入ったと思ったら、前の人が入ってなくて詰まっちゃう感じになり、左右からもどんどん人が寄ってくるし、かなりの接近戦。で、やっと本格的に踏み出したらリアから「シャー!!!」という連続音が。なんと、カンチのワイヤが外れて、左側のシューがリムの下まで落ち込んで大ブレーキ!冷静に30秒ほどで復帰できましたが、集団ははるか前方・・・。おそらくカンパのカンチは出っ張りが多いので、誰かに当たったのかも。


DSC_4612
なんとか復帰してどんどん抜いて、そのまま上位まで・・と思ったら全然無理なんですよね。下りで頑張って抜いても、乗車不可能なシングルトラックで押しに入ったらどんどん抜かれ、その後のキャンバーの登りでさらに抜かれるという感じで。しかも全コーナーがスリッピーで、上の写真でも後輪滑ってます。平地や乗車しての登りで抜かれることはそれほど無かったと思います。それが唯一の救いでした。



という訳でがっかりしながらゴール。でも、最後のアスファルトの登りもダンシング入れたし、全力は出しましたよ!Garminのデータを見ると、最後に時計を止め忘れててあれですが、最高心拍194 bpmに平均心拍184 bpmと調子は悪くなかったみたいです。


889abbb0083f11e1abb01231381b65e3_7.jpg
スネながら洗車。洗車道具一式を用意して行ったので、完璧でした。Kossyも手伝ってくれて、助かりました。ありがとう!


最終的にリザルトは17位でした。プロローグではシマノドリンキングのベルギー人に勝ってるのですが、彼は今回4位ですか。その辺りを見て自分を慰めています。腰痛、試走不足を差し引いても、今回は自分のダメな所がプロローグよりもはっきり見えました。次はマキノ高原です。


最後に。シクロクロスはリア充のスポーツです。絶対に誰か連れていきましょう!もの凄く助かるので。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1104