« 11.11.11 Evening Edit. | メイン | BLKMRKT Roamは29er/26"コンパチブルに! »

関西シクロクロス 第3戦ビワコマイアミランド参戦記

記憶の薄れないうちに書いておきます。


先週のマキノ高原大会では主に失敗を三つ犯しました。


1 .天気予報をアホみたいに信じて雨を避ける用意が無かった
2. レースの前の食事、補給が足りなかったかもしれない
3. 早めに先頭に並ぶことに執着しすぎてアップの効果がゼロになった



ということで、AM5起床で今回はテントも積んでいきました。運転しながらコンビニで買ったおにぎりをしっかり補給。マイアミランドは近いので時間的に余裕あり。第二京阪、京滋、名神というルートで栗東ICまで。会場までは1時間と少しくらいだったでしょうか。KIMORIさんってこの辺だったような?ひとりぼっちのCXレースつらいです。車の鍵持って試走とか・・・。



試走で唖然としました。まじでビーチじゃないですか・・・。しかも、全然乗れません。


Kansai Cyclocros #3 Biwako Miami Beach
これ、自転車コースです。BGMは津軽海峡冬景色。



前日は大雨だったので、ビーチじゃない所を走るとこんな感じになる訳です。



ここで辻浦師匠を捕獲。「砂浜を乗りたいなら空気圧を下げる方がいい」というアドバスを貰いました。過去の数レースで、僕は担ぎ、押しが極端に遅いという事実を突きつけられています。なので、少しでも乗車できる方が良いに違いないと解釈して、後輪は1.8気圧ほどにまで下げました。ちなみに師匠はC1で優勝。完走9人という凄まじさ。わざわざ関西まで来てくれて嬉しいですね。「関西シクロクロスが一番盛り上がってます」はチャンピオンの弁。



Rapha矢野さんがモリー・キャメロンを連れてきてました。彼のバイクはParleeにDi2でした。チェーンリングのセットアップが気になるのと、バッテリーはどこに?ダウンチューブのヘッドチューブ側に大胆に穴が空いてますが・・。


さて、今回の試走は朝だけ行い、昼の試走はスキップしました。なぜなら、前回まではPM2:30出走のC3Bクラスだったのですが、今回はPM1:40出走のC3Aクラスに振り分けられており、試走して自転車を洗う時間を考えると、アップする時間を取るのが難しくなるので。PM12:30から琵琶湖沿いに北上。どんどん北上。で、帰りは爆風で全然前に進まなくて、心拍が上がって良いアップになりました。ここで風の向きを意識できたのは良かったです。



今回、SEOUL88HAにレコードハブ、チャレンジ・白グリフォという仕様でスペアホイールを組んだのですが、パンクは無いと思って、車に収納。体が冷えないように車内でtwitterのTLをしばらく追って、もう一度アップへ。今度は琵琶湖沿いに南下、帰りは追い風に吹かれてそのままスタート10分前のPM1:30頃にスタート地点へと。もちろん、最後尾。皆さん並ぶの早いなぁ。スタートエリアは本当に風が強く、寒かったので皆さんの後ろについて風避けにさせて頂きました。出走47名で今までで最多。迫力あります。


機材的には特に変更無し。クリートとペダルにオイルスプレーをしっかり噴霧、もちろんチェーンとフリーにも。ただ、砂浜なので、逆に砂を吸着させる場合もあるので、難しいですよね。テフロン系の方が良かったのかな?あと、矢野さんからのアドバスで、カンチのアーチはほぼ解放にしました。いわゆるブレーキがスカスカの状態。このコンディションではブレーキはそれほど使いませんし、シューに砂や泥が積もってフリクションになるので、その対策です。


という訳でPM1:40にレーススタート。それほど集団は速く無く、みなさんマージンを持って走ってる感じで、危険な感じは無かったです。最後尾だったからかな?で、舗装区間が終わって右折して砂浜に入った瞬間に大渋滞。しょうがないので、バイクを担いで迷い無く足首以上まで水に浸かってダッシュ!このエリアで相当抜けました。MTBの人は辛そうでしたね−。


DSC_5294
今回のレースキットです。いつもの格好にRaphaのアームウォーマーを追加。前回はサングラス無しで走ったのですが、どうも自分のアホ面がイヤだったのでOAKLEY Jawboneを。グローブ無くても問題無さそうなコースだったので、素手で走ってみました。厳密にはルール違反なのかな?


DSC_5285
ビーチが本当に難しいです。乗車するのが難しく、SPDが入らなくてフラフラしてると後ろから罵声に近い唸り声が飛んできます。波打ち際が締まっていて走りやすいのですが、スピードを出すのが難しくて、押してる人とそれほど変わらないかも・・・。


DSC_5273
乗車できない所はおとなしく押します。ダイエット効果か、少しは走れるようになってきました。そういえばキャノンデールジャパンの某氏が「アウターに入ってる!スゲー!」って言うのがものすごく良く聞こえました。あそこ、アウターに入れないとスピード乗らないんですよー。



今回はアップも上手く行きましたし、機材的にも完璧、落車もせず、良いレースができました。15位/47人出走というリザルトでしたが、これが僕の今の実力です。これ以上は劇的に上がることも無いと思います。


前の14位の人が最後のアスファルトの直線で見えていたので、死にかけのスプリントをしても、全然追いつかず。後ろを見たら結構離れていたので、そのまま足を止めてゴール。結局は前とは5秒差が付いていたのですが、自転車競技において5秒というのは永遠に等しいですね。あそこで踏ん張れないとTop10は見えてこないんだろうとは思うのですが、無理でした。今シーズン中のC2昇格は難しいなぁ。でも、ようやくリズムを掴んできた感じはします。応援して頂いた方、写真を撮ってくれた岡本君ありがとうございました!次は野辺山シクロクロスです!



良い週末でした。BGMはこちら


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1110