« Windam大会DHI決勝終わりました | メイン | TKCの紐育その2 »

TKCの紐育その1

昨日帰国し、自宅のキッチンとトイレからの異臭に心折れて掃除しました。一応、紐育でのTKCを報告しておきます。



月曜の朝にキングストンというクソみたいな街のモーテルをチェックアウトし、そのままJFKまでドライブしてレンタカーを返却、交通の公共機関でホテルを目指します。ヨーロッパから来た人って一発でわかりますよね。



Google Mapの示してくれたルートがなかなかハードコアで、地下鉄を降りて次はバスに乗り換え。おいおい、アジア人すらいないよ。



ホテルはブルックリンのユダヤ人街のど真ん中で、部屋からの光景はこんな感じ。天井が超高くて良かったなー。この日は移動疲れで早々にダウン。


ニューヨークのWikipediaの環境というセクションがなかなか面白いです。



ニューヨーク市での公共交通機関の利用率はアメリカ合衆国国内で最高であり、ガソリン消費は、1920年代の全国平均と同じレベルである[50]。公共交通機関の利用によって、2006年において18億ガロンの石油が節約されており、ニューヨークの節約量は全国の公共交通機関による節約量の半分を占める[51]。人口密度の高さ、自動車利用率の低さ、公共交通機関の利用率の高さにより、ニューヨークはアメリカの中で最もエネルギー効率の高い都市の一つとなっている[52]。


普段は西海岸への出張が多いため、基本的に空港でレンタカーを借りて、そのまま全ての旅程を車で移動することが多いのですが、NYCだけはこのように公共の交通機関の発達がはんぱないということで、今回は徒歩での移動にチャレンジしてみたんです。



火曜日は早起きして、NYで一番行きたかった場所、グッケンハイム美術館へ。フランク・ロイド・ライトによる、有名な建築に珠玉のモダンアートという最高の組み合わせ。カタツムリ状になっており、下から螺旋スロープで上まで上がっていきます。つまり、立っている場所が常に斜めであり、不安定な体重移動を強要されるんです。この行為自体がもう、アート体験なんです。



面白いことに、内部にはこのカタツムリ状のスロープがもう一つデザインされており、サイズは厳密に1/2になっているとか。



この1/2カタツムリにカフェテリアがあり、ちょっと休憩。窓枠のデザインとかたまらんですね。窓の向こうの森はセントラルパーク。



次はMOMA。ウォーホルでかっ!



中庭方面。



懐かしい。



これ、アート作品なんですよ。横にセキュリティの人がいて、この作品に近づくとこのキャンディを一掴み渡してくれます。キャンディは随時、供給されて無くなることはありません。この手の作品は一般的にコンセプチュアルアートと呼ばれており、アイデア(コンセプト)自体がアートであり、その作品自体に意味は無いのです。僕が貰ったキャンディは大阪の自宅まで持ち帰りましたが、これはアートの一部を所有していると言えるのでしょうか?また、そのキャンディを舐めることもアート行為?



この夜はアンソン・ウェリントンとMyrtle Aveのバーで呑みました。このエリアにはプロジェクト(低所得者向けの団地)があり、少し前まではゲトーだったそうなんですが、今では安全な感じでした。ブルックリンエールという、地元のビールを求めて5件ほどハシゴしたんですが、結局は発見できず、最後はベロベロに・・。色々な話が聞けて面白かった!



Myrtle Ave


興味深かったのは、クイーンズにダートのトレールがあるって話。NYには5つの行政区があり、5 Boroと呼ばれています。Manhattan、Bronx、Queens、Brooklyn、Staten Islandの5つなんですが、そのうちの1つのQueensにトレールがあるって凄くないです?カニンガムパークという所で、今まではイリガールだったのですが、行政への働きかけにより、晴れてパブリックとなり、この週末はパーティだそうです。次回は是非行きたいなー!TD Bank Five Boro Bike Tourってやつも相当面白そうですね。


NYCは現在、バイクレーンの普及に力を入れていて、どんどんその総延長は伸びているそうです。それに伴い、警察の取り締まりも厳しくなっているらしく、アンソンも車道から歩道のバンクへ入った瞬間に警察に停められてチケットを切られ、後日裁判所で罰金を払ったとか。また、自転車店もどんどん増えていますが、多くはいわゆるコミューターで、ロードやFixedのお店自体はそんなに増えてないみたいですね。


ダウンタウンの方にはメッセンジャーも走っていますが、東京の方が多く走っている印象で、彼らのバイクはボロいし、そんなお洒落なライダーも見なかったように思います。ガチで働いてます感がひしひしと。自転車の街としては、SFやポートランド、東京の方が大きなコミュニティがある感じがしますね。足が無いのでリアルに移動手段として自転車に乗ってます、そんな感じかな?


長くなりそうなので続きます。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1079