« TKCの紐育その1 | メイン | BLKMRKT Street Fiend test frames »

TKCの紐育その2

前日はアンソンとグダグダになるまで呑んだので、この日はスロースタート。



しばしば、セントラルパーク内の岩場で乗ってる映像を見ますけど、あれは全部ダメだそうです。さすがにチケットを切られるまで行かないですが、警察に見つかるとキックアウトされるんだそうです。



SOHO方面にも行ってみました。バイクレーンがちゃんとあります。



お馴染みSupreme。パリのコレットと同じで、完全に観光地化ww



近くにあった自転車店も完全にコミューターがメインです。



ガソリンがレギュラーでも$4越えてますよ!そりゃ、自転車に乗りたくもなりますね。



GRIMEのお店やって無かった!チーン。チャイナタウンなんですけど、自転車店には不向きそうな場所な印象でした。



Chari&Co。後藤さんに初めてお会いしました。かっこいいお店です。NYCで自分のお店持つって憧れるなぁー!



マイク・シュミットの新しいバイクはシートステイにフォークのブレードを採用してます。ふとっ!



夕方からはブッシュウィックにあるアンソンの家に。駅のプラットフォームからの夕焼け。最寄りの駅から歩いてアンソンの家まで行ったのですが、そのエリアはまさにDo the right thingに出てくるような街並みで、ちょっと嬉しかったです。ちなみに、スパイク・リーのインサイド・マンをちょっと前に見ましたけど、お奨めです。



間違って2Fのベル押したらおばちゃんが出てきて、アンソンの家は1Fだと。無事にアンソンの家に到着。アンソンの自転車カッコいいね!これはSL Rosko製のYowelliフレーム。



アンソンの妹の娘、モニカ。かわいい。



これ、古いクールトランス。DELUXEというブランドのモデルをしたらしいです。



ビールを買いにいこうぜ、ってことで、やっとブルックリンラガーをゲット!6本入りなんですが、勝手に違う種類のやつを混ぜてミックスしてたw



という訳で、Yowelliのバーが少しだけ再入荷しています。2"のバーは初入荷。ビジネス的な部分も結構話し合いましたので、これからYowelli製品のデリバリーは安定すると思います。また、フレームもテスト的に発注しようと思っています。


今でこそ、BLKMRKTはそれなりの大きなブランドに成長していますが、1年目はmobというフレームしか存在しませんでした。それが、今では問屋泣かせのモデルの多さを誇っています。Yowelliだって今はハンドルバーが2モデルしかありません。でも、アンソンには彼の描く未来があり、僕もそれに協力できれば、と思っています。ビジネスって結局は人と人のつき合いなので、どんな魅力的な製品を生み出していても、人がダメな場合はビジネスも上手く行かないケースが多いです。なので、僕の場合はそのブランドを取り扱う前に、その人自身と触れ合ってみたいと思っています。その点、アンソンはスマートで、頭の良い人でしたので、安心しました。これからが楽しみです。


そんな感じで、アンソンの家を後にし、早々に寝て翌朝はJFKに向かい、地獄のエコノミークラスで成田、バスで羽田に移動、そして伊丹という感じで帰ってきました。NYって暑いんですよ。なので日本の暑さもなんてこと無いのですが、なんか暑さの質が違う感じ。


NY、また行きたい!


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1080