« BLKMRKT2011モデル取扱店 | メイン | 動画3本にイベント2本 »

AACR2011

AACR2011走ってきました・・・。


img02.jpeg
天気予報見ると完璧に雨だったんですよね・・。日曜日。



その前に、土曜日はレネ&サヤカのギラチャ夫妻の結婚式だったんです。慌ててお祝いの用意をしていたら、「災害」っていうやつまでコンビニで発見・・・。結局要らなかったので、用意した意味無かったんですが。備えあれば憂い無し。



場所は御堂筋沿いの難波神社です。始めて中に入ったのですが、良い所ですね。



大阪最古の樹齢400年のクスノキ。



おおおっ!金髪碧眼で和装はズルい!似合ってるな〜レネ。サヤカの白無垢も。いやー、ちゃんとスーツ着ていって良かった。そのまま慌てて一旦家に帰って、自転車や乗る用意を車に積んで松本に出発。天気予報は80%。逃げられない戦いがある・・・。雷太からは「たぶん寒いから用意全部持ってきて!」っていう、走る前提の電話まであるし。日付が変わる2時間前に松本市内に到着、そのままホテルにチェックインして早々に熟睡。



AM4に起床するともちろん雨。さすがは80%です。スタート地点の松本大学に駐車すると、後ろにジープが。J38かな?34?



今回の秘密兵器はリアフェンダー。正直、ここまで豪雨になると効果あったのか無かったのは不明なんですが、後ろの人はちょっとは楽なのかな?水跳ねが減って。これは折りたたみ式になってるやつで、かなりコンパクトになります。取り付けも簡単なので、通勤バッグの中に忍ばせておくのも便利みたいです。モノステイってこう言う時便利ですね。



雨なので160kmも90kmに短縮され、内心ほっとしました。松本大学のトラックフィールドをスタートするのですが、これだけ集まると壮観ですね。これでもキャンセルがでて、半分くらいに出走が減ったそうなんですが。



これは2つ目のフィードだったかな?装備はこんな感じです。


ヘルメット: OGK レジモス
アイウェア: OAKLEY Jawbone/イエローレンズ
ジャケット: Rapha Wind Jacket
ジャージ: Rapha Lightweight Jersey
アンダーウェア: CRAFT Mesh Superlight Sleeveless
ビブショーツ: Rapha Classic Bib Shorts
アームウォーマー: Rapha Arm Warmers
ニーウォーマー: Rapha Knee Warmers
グローブ: Campagnolo Heritage Grove
シューズ: SIDI ERGO 2 CARBON
ソックス: DeFeet Aireator High Top Cycling Socks


こんな装備だったのですが、もうちょっと暖かいアンダーウェアに長袖ジャージでも良かったかもしれません。走ってる時は良かったのですが、ちょっとフィードで止まると体がだいぶ冷えました。サングラスはイエローレンズで大正解。太陽を遮るというよりも、前のライダーが跳ね上げた飛沫から目を守ってくれます。コンタクトの人は必須。


RaphaのWind Jacketは雨の中で初めて使ったのですが、素晴らしい撥水性でした。しかも、このジャケットって、伸縮性が素晴らしく、1度これを使用すると、他のジャケット着れません。素晴らしいフット感に加え、高い撥水性を持ってるのには感動。あと、ポイントは黒の長めのソックス。ポートランドっぽいでしょw


自転車の方は、さすがに最近使わせて貰っている重力露は雨に弱いそうなので、脱脂してからレスポのチェーンスプレーをたっぷり吹いておきました。これが結果的に大正解で、豪雨の中90km走っても、全然問題無かったです。同じ頃、もっと豪雨の王滝を走っていた某氏もこれで問題無かったそうです。

それと、所持品はジップロックに入れたiPhoneと、車の鍵、ジップロックに入れた少しの現金のみ。飲料と補給食はフィードでたっぷり貰えますので、AACRに限っては不用です。ボトル1本で大丈夫です。


あと、本当はチューブラータイヤをシートの下に装着する予定だったのですが、90kmに短縮と聞いて、面倒になってやめました。ダメですよ本当は!最悪の場合はMavicの車かバイクにお世話になる魂胆!Mavicさんがこうやってイベントのサポートに来るのを見ると、正直Mavic使ってみたくなりますよね。正直。安心感というか。カンパのサポートとか見ないもんなー。



とにかく雨だったので、写真も全然撮ってません。折り返してからさらに豪雨になって、一部道路は川になってました。最初は前のライダーの後ろにつくと、後輪が巻き上げた飛沫が全部顔に来るので、ちょっと左右のどちらかにズレて付いていたのですが、最後の方はどうでも良くなって、普通に顔に飛沫を浴びながら後ろを走ってました。人って慣れるんですね。



これがGarminのデータ。Avg Moving Speed: 26.0 km/hなので結構遅いです。心拍的にもそんなに追い込んでないっぽい。最後は若者達と雷太が引いてくれたので楽でした!


今回は残念ながら雨でしたけど、走り出したら雨も正直関係無くなります。逆に、1度濡れちゃうと、どうでも良くなって楽しくなってきます。昨年よりもフィードの食事とか、サービスなんかが格段に良くなって、さらに路上に立つ警備員もプロに人になったらしく、十字路でも安全に通過することができました。配置された警備員の数が80名以上って聞いたかな?そんな訳で、晴れたらもっと最高のイベントになったと思うのですが、豪雨の中を友人と楽しく走れたので、それだけで十分楽しかったです。スタッフの皆さん、参加者の皆さんお疲れ様でした!



自転車を特に綺麗に拭き上げる訳でも無く、そのまま車にブチこんで帰宅、自宅に自転車を入れてみると、チェーンに所々赤錆が・・・。このままではヤバイ、最低でもヘッド回りとBBを開けないと・・と思って早速カンパ11s用のチェーンカッターを導入。これ、23000円位するんですよ!


あと、ウルトラトルクシステムのクランクを抜くには無駄に長い10mmのアーレンキーが必要で、カンパから専用工具も出てます。まぁ、お金掛かります。変に工具揃えるよりも、お店に任せる方が安く上がりますよ。自分の手も汚れないし。


あと、笑ったのがBORA後輪のリム内部に水が大量浸水していたこと。軽量な高級ホイールの意味無しwww 不思議と、前輪は浸水が無かったです。豪雨の時はディープリムはダメですね。特にBORAはカーボンリムなのでブレーキが全然効かなくて、恐い目に遭いました。はやり、雨の時はアルミリムのクリンチャーでしょうか・・・。とにかく、豪雨のAACRは本当に勉強になりました!



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1067