« Red Bull Ride + Style | メイン | Mash 2011 Twin Peaks Hillclimb Race »

初ビワイチ

昨日、ビワイチしてきました。



朝4時30分に同行者W氏とN氏をピックアップして米プラザにて駐車、そこから6時過ぎに琵琶湖大橋を東側に渡って反時計回りで走りました。この辺りはisekiさんのアドバイスによります。所がちょと走ると超強風!僕が前を引いたのですが、その時の心拍は30分で170-180bpmを記録してますね。ちなみに、信号は100%守るスタイルで。



最初の休憩。ここは50km地点。



補給はコンビニで。いくら食べてもお腹が減ります。W氏のホイールはハイペロン2!



80km地点だったと思います。この時には既に右太腿裏の筋肉が崩壊していました。最初に強風の中頑張って引いたのが裏目に・・・。


湖北の辺りのちょっとした峠に危険なトンネルがあると聞いていて、覚悟はしていたのですが、思ったよりかは安全で、歩道側をゆっくり通過。トンネル内は漏水があって、容赦なく自転車が汚れます。湖北を通過して高島市周辺は退屈な直線が続きます。途中、コンチとすれ違いましたが、ツーリングかと思う遅さでしたw



琵琶湖大橋を左に見ながらスタート地点を通過、そのまま大津を一気に突き抜けて、なんとか唐橋まで!この時点で残り20kmほど。あとは楽勝だぜ〜と思ったら大間違い。再び北上すると鬼のような向かい風!風力発電の風車がブンブン回ってました。僕らに背中を向けて。頑張って前を引いたのですが、下ハンを持って必死に踏んでも27km/h位しかでない感じ。琵琶湖大橋が左手に見えてくるのですが、全然近くならないので心ポキポキ折れます。


で、最後の力を振り絞って琵琶湖大橋を登ってゴール。残念ながらGarminの電池が唐橋で切れてしまって、最後の一番辛かった20kmのデータがありません。やっぱEDGEいるかなぁ。


通常は琵琶湖大橋より北側を走ってビワイチとすることが多いらしいのですが、我々は最南端の唐橋まで行き、真のビワイチを遂げました。200kmくらい行くと聞いていたのですが、キャットアイによると走行185.08km/平均時速27km/最高速時速57km/6時間50分37秒ということで、200km行かないですね。なるべく琵琶湖に近い道を走ったので、近道しちゃったかな?


装備品ですが、上の画像の格好(恥ずかしいほど全身Rapha)に、午前中はRaphaのジャケットを着用。持ち物はPDWのマジックフルートにCO2ボンベ、予備のチューブラーはサドルの下にストラップで装着する昔ながらスタイル。後はiPhoneに現金、スナックバー数本にジェル、BCAAタブレットです。ボトルは1本で、飲料はコンビニにアウトソース。タイヤが1本しか無いので2回目のパンクでアウトとなるんですが、特にトラブルは無し。しかも横着してミヤタのチューブラー用テープを持って無かったんですが、テープ無しでタイヤを装着してもゆっくり走れば大丈夫ですよね。あくまでも緊急用です。アーレンキーなどの工具類は無しでした。反省点としては、日焼け止め対策をしなかったこと。今はヒリヒリしてます。



サングラスはSFでもらったこいつ。新発見ですが、アジアフットのノーズピースよりも、ノーマルの方が調子良かったです。僕の鼻の高さはごく一般的な日本人なんですけど、アジアフットの方は不自然に浮き上がる感じが・・。レンズはちょっと濃いかなぁと思ったのですが、昼から恐ろしい日差しとなったので、これで正解。



今回のデータ。ちなみに、琵琶湖大橋北側のショートアワイチならピストでも可能だと思います。あと、ビワイチで大事なのは風向きかな?その日の風向きを見て時計回り、反時計回りを決定するのも有りかもしれないです。湖沿いを走れるので反時計回りが推奨されているみたいですが、結局は前のライダーのリヤハブ、もしくは前の道路しか見てない訳で、景色とか関係無いかもww


SFでMashレースに出ましたので、あとでレポートします。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1060