« Erik Vehmeyer blkmrkt Winter Edit 2011 | メイン | 動画いろいろ »

ロンドンのTokyo Fixed Gearに2本のTonicに行ったみたいです

TFGのFlickrアカウントに上がってます。


Tonic Fabrication Vanishing Point with laser etched graphics
このフレームはVanishing Pointです。Tonicのブログや、僕が大好きなアマンダちゃんの働く21st. Ave Bikesのブログでも紹介されていたフレームです。


Tonic Fabrication Vanishing Point with laser etched graphics
これ、ロゴは塗装によるマスキングだと思ったのですが、なんと!レーザーエッチング!凄いなぁ。しかも、これって溶接前のチュービングの状態でレーザーエッチングしないとダメだと思うのですが、溶接してから黒く塗装してありますよね。どうやってレーザーの部分だけ残してあるんだろう?ひょっとして塗装してからレーザー?こういうの見ると、自分の想像力の無さというか、クリエイティビティの無さにガッカリします。ちょっとトニーに聞いてみます。


と思って、くやしいのでもう一回じっくり見たのですが、これは塗装じゃなくて色付きクリアコートなのかな?チュービングの下地処理をちゃんとして、光らせてから黒い、濃いめのクリアをのせているのかも。Tonicの、派手なことをするんじゃなくて、とっても地味なんだけど、さらりと凄いことをやってくれる、この感じが大好きです。派手な素材、派手なペイント、派手な仕上げで衆目を引くのは簡単ですけど、実は地味に凄いことをするのも僕は好きなんです。


Vanishing Point Road w/ENVE 1.0 Road Fork 300g 168,000円[税込]
Vanishing Point Road w/ENVE 2.0 Road Fork 355g 158,000円[税込]
価格はこちら。フォークの塗装は別途です。ホリゾンタルTTは+10,000円[税込]のアップチャージ。フォークのフレーム同色塗装も+10,000円[税込]のアップチャージになります。


Tonic Fabrication Supernaut with Alpha Q carbon fork
こちらはピストのSupernautです。あれ?って思ったのですが、僕がオーダー入れたCXフレームのカラーにクリソツじゃないですか。ぱくったな!マックス!


defender
僕の壊れることで著名な車と同じ色でオーダー入れてます。RAL 5023というカラーが一番近そうだったのですが、厳密に同じ色は見つかりませんでした。塗装はクリアが乗ると、ちょっと濃くなるので、若干薄めのカラーにしたので、以外とバッチリくるかもしれないですけど。ストライプも車と同じシルバーもしくはグレーでいきます。


Tonic Fabrication Supernaut with Alpha Q carbon fork
これは期待できそう!


Supernaut w/ENVE Track Fork 148,000円[税込]
価格はこちら。フォークの塗装は別途です。ホリゾンタルTTは+10,000円[税込]のアップチャージ。フォークのフレーム同色塗装も+10,000円[税込]のアップチャージになります。Coatによるバキバキなカスタムペイントはフレームが5万円〜、フォークが2万円〜となります。


僕の車、Tonicのブログで紹介されています。"Teisuke is doing OK."らしいです。おほめにあずかり光栄です。はやくフレーム届け!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1005