« NAHBS 2011 | メイン | Austin, TX »

Mellow Johnny's

ランス・アームストロングのお店、Mellow Johnny'sに行ってきました。



車を停めたら目の前が公園で、ファーマーズマーケットやってました。ロハスでスローライフでエコな僕なので早速チェックです。



うまそ〜!犬連れてる人も多かった。



Mellow Johnny'sのサインがとてもいいです。これは夜ですけど。



初日夜はここのパーキングロットでパーティーでした。ビール無料で飲み放題!



踊ってた人2名くらいw



お店に入ったらBelovedっていう自転車が置いてあって、これはQBP(Surly)にいたニックという人が係わってるブランドで(もう一人は元w+kの人らしいです)、フレームの生産はクリスキングです。立ち上がって1年のブランドで、生産台数は47台と聞いたような。ポートランドからオースティンにバイクを持って来ていて、そのまま置いて帰るって言ってました。



このリーガルやっぱいです。



アメリカからイタリアまで革を送って貼って貰った特注品で、2点しか存在しないそうです。Mellow Johnny'sって入ってる!



Pepsiの古い箱が良い感じ!実際、こっちで見るバイクはこんな感じのやつが多いですね。向こうの方はシエロです。700cにフルフェンダーでマスタッシュバーとか。一番楽に乗れるスタイルです。ノーブレーキのピストは少ないです。フリーが圧倒的です。意外と坂が多いからなぁ。



テックエリアの上にこれが。たぶん、ルイ・ガノ氏のオリジナルドローイングですよこれ。さすがアート好きのランス。



naked売ってる!やっべー。



PARLEEのバイクがこんなに!僕が一番欲しいカーボンのアメリカ製フレーム。



こんなアートワークも。サイクルモードで見たかな。



ラジオシャックのガレージを模した部屋があって、そこには選手のバイクが展示されています。ヨダレじゅるじゅるです。



僕はクランク長とかめっちゃチェックしました。



たまんないっす。



別府号。



例のシャンゼリゼで物議を醸したジャージも。



地下に降りてみましょう。降りてすぐにランスの歴代のバイクが置いてあります。一番左はバリー・マッギーの手によるものです。奈良作品とかはオークションに掛けられたので無いんですね。



左側はトレーニングルーム。



右奥はミーティングルーム。何やらドローイングが置いてあります。黒板はヘッドチューブですかね?



カフェが併設されているので、折角なのでコーヒーでも。右中の缶はランスが飲んでいるというサプリですね。中央下にはクリスキングのタンパーが置いてあります。そう言えばクリス・キング夫妻もコーヒー飲んでましたね。さすがにVIPっぽい待遇でした。



小雨でしたがテラスで。



すると、雨にも係わらずサンデーライド。青のジャージが女子チームなんですが、可愛い子が多い!ちょっとレーパン短めがいい!ブレーキ付きですけど、ピストもいます。全員出発してから、その後に見えるSRAMのボルボが追走していきました。ニュートラルサポート付きのサンデーライドとかいいですね!


という感じで2時間くらいここで時間を費やしたのですが、素晴らしいお店でした。奇跡と言ってもいいでしょう。ただ、高いものや珍しいものを集めるだけならそう難しくは無いと思うのですが、素晴らしいコミュニティを築くのは簡単ではありません。このお店が素晴らしいコミュニティを築いているのは、30分コーヒーを飲んでいるだけで理解できました。


全ての自転車乗りが圧倒される店であり、全てのショップオーナーが無口になる店であり、全ての問屋がここで商品を置いて欲しいという熱望するお店でもあるでしょう!知らなかったのですが、テキサスはカリフォルニアの次に金持が多い街なんだそうです。最後はお金の話w


それではショー最終日チェックしてきます〜。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/1022