« SL Rosko | メイン | B-29 Frozen in Time »

BLKMRKT 2011年モデルの納期に関して

BLKMRKT 2011年モデルの納期に関して問い合わせを頂くので、お知らせいたします。


New%20Warehouse.jpg
最近、連絡が無いなーと思っていたら、ラグナヒルズに引っ越ししていたそうです。これはBLKMRKTの新しい1歩です。最初の数年はS&M傘下のブランドという位置づけだったのですが、S&Mから独立し、その後はこの夏までカーターの自宅がHQで、倉庫はAtomlabに間借りしていたのです。しかし、ブランド創設から7年目にとうとう、オフィスと倉庫がっ!いやー良かったです。しかも、場所がラグナヒルズという、ちょっと良い場所じゃないですか。僕のアメリカでの拠点が一つ増えました。


納期ですが、パーツ/フレームが2月、完成車とサスペンションフレームは4月ということでした。例年、この納期から遅れることはあっても早まることはありませんので、鵜呑みにはできないのですが・・。


Picture-341.png


Picture-311.png
ZLOGにてBLKMRKTのモリーハチェットバーが紹介されています。強度の点で、"the best bars I’ve ridden so far."だそうです。また、強いだけでは無く軽量です。アルミのバダブームバーに比べて少し重いだけです。ダブルバテッドのテーパーチュービングを使っているのがポイントですね。幅はトレンドとなっている激広の736mmとなっており、長すぎるならカットすればOKです。


写真は3"ライズですが、他に2"ライズがあり、カラーはCP/BLK/Rawの3色です。バークランプは22.2mmなのでBMXステムを使っている方はそのまま使用できますし、25.4mmのステムの方はシムを入れるか、新しい22.2mmのアンダーボスステムを一緒にお買上ください!希望小売価格5,000円[税込]とお求めやすくなっています。



前回のエントリで紹介したNYのSL Rosko、ボチボチ問い合わせを頂いております。アンソン・ウェリントンが乗ってるんですねー。


IMG_0546.jpg
彼がアンソン。過去にはレベルとかBMWに乗ってましたよね?


yowelli+proto2.jpg
これが彼の乗るSL Rosko製のフレーム。


Evolution
前回のエントリで紹介した右のバイクですね。


IMG_0541.jpg
この辺のバーもSL Rosko製ですが、YoWelliというブランドでアンソンが展開しているようです。興味ある方はお問い合わせを。


PDW 2011
http://www.ridepdw.jp/PDW2011.pdf


BLKMRKT 2011
http://www.tkcproduction.com/BLKMRKT2011.pdf


TKC Productions Twitter
http://twitter.com/tkcproductions

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/973