« Jシリーズ DH #2 富士見パノラマ | メイン | OSAKA NOW »

アルプスあづみのセンチューライド 2010

土曜日夜は鈴木雷太邸に泊めて貰い、翌朝早起きしてアルプスあづみのセンチューライドのスタート地点へ出発。


AACRには結構前から雷太から誘われていて、その時はオアフ島一周に失敗して傷心の時で、軽い気持ちで出ると言ったものの、この日が近づくにつれ重い気持ちに・・・。事前にネットで昨年の模様を調べてみると、以外とキツかったという感想がチラチラと。さぁ、今年のコースはどうなんでしょうか。


IMG_8397
こう言うのを目前にすると現実がヒシヒシと迫っているのを感じます。ゼッケンをジャージにピンで留めるなんて何年ぶりだろう〜。


IMG_8431
今回のバイク。Tonicに前ブレーキ付き。ハンドルはブルホーンで、スペアのチューブラーはシートの下に取り付けました。あと、メーターを付けたくらいです。ピストで長距離走るには、ブルホーンが最強だと思います。前傾姿勢がとれて空力面で有利なのと、複数の場所を握れるので上半身の疲労をなるべく低減することができます。


IMG_8399
天気は回復傾向。7時の開会式前になると、このイベントの大きさが分かってきました。エントリー600人は凄いよ。で、他のライダーの自転車をチェックしてみたんですが、マウンテンバイクや、小径車、クロスバイク、フォールディングの人は普通にいましたけど、シングルスピード、ましてや固定の人は皆無。だんだん不安になってきます。


31730_130972690248848_100000083544593_324852_5377612_n.jpg
雷太がマッサージした方が絶対いい、ってアドバイスをくれたので、マッサージ受けてみました。膝の裏とか超痛い。ジンジャー?そんな香りがするオイルを塗られて、ヌルヌルにされました。撮影は池ちゃん。


IMG_8403
これはマッサージを受ける池ちゃん。今はフィジークの担当をしているそうだ。


IMG_8404
ゼッケン順にスタート。走り出すと気持ちいいんですよね。最初のコンビニで雷太と合流して、そのまま最初のフィードまで走ったのですが、かなりぶっ飛びペースでちょっと心配になりました。


IMG_8405
このフィードの手前がダラダラ坂で、かなりキツかったです。へたすりゃ、登りとしては一番キツかったかも。Mavicのサポートカーが走っていて、ホイールにトラブルがでると携帯に電話すれば修理にきてくれます。なので、手持ちの荷物は最低限でOK。僕も予備のチューブラーだけ持って、ポンプもボンベも持ちませんでした。地元の銘菓、ドリンク、バナナなどを補給できます。これでエントリー5000円は安くないか。


IMG_8408
40kmくらい走った地点かな?腹がへったのでコンビニピットイン。もう、暴力的に腹が減ります。レッドブルが美味しい〜。


IMG_8410
公園の中にある2個所目のフィード。豚汁、おにぎりを補給。これでエントリー5000円は安くないか。池ちゃんも合流して、このまま140kmの旅へ拉致しました。


aacr.jpg
撮影池ちゃん。この時はまだ全然余裕です。


AACR2010
佐野坂のトンネルの手前にあるフィード。撮影はやっちゃん。キャリーもいた。まだ元気。


IMG_8413
佐野坂のトンネルを抜けて、一気に下ると白馬のジャンプ台はすぐです。ここから折り返します。問題は、佐野坂のトンネルまでの登り。下りは本当に恐かったです。ギア比3.07だったのですが、時速45kmを越えると完全に回りきって、ガシャガシャ言い出します。でも、綺麗に回さないとビンディングが外れてしまうし、外れちゃうと危ない。なので本当に地獄。ピストは下りの方が全然きついですね。正直、この時点で心は折れかけ寸前です。


IMG_8416
確かに綺麗な景色なんですけど、今からあの坂を登ると考えると・・。で、実際には結構簡単に登れました。オアフ島の時よりも全然楽でしたね。さぁ、ここからは基本的に下り。後は楽だぜ〜と思ったのですが、本当の地獄はここからでした。


トンネルを下って、そこからゆる〜い下り基調になるのですが、途中から道も直線になり、追い風になったのです。僕は鈴木列車の後ろに張り付いていたのですが、鈴木列車の速いこと速いこと!元全日本チャンピオン&五輪代表はやっぱり違う。今は下腹ぽっこり気味だけど。時速40kmちょっと位で巡行するのですが、もう、完全にギアが回りきって足はパンパン。追い風で、スリップストリームに入っているのでスピードは落ちない。落ちないので、強制的に足を回さないとだめ、っていう地獄。しかも、急速にカロリーを消費してきてお腹が減ってくる。そうすると、通過する畑から匂ってくる肥料の匂いが美味しく感じる。もう、脳さえ麻痺です。後ろの池ちゃんもキツそうだったなぁ。


IMG_8420
最初に停まったコンビニにピットイン。レッドブルにフレンチトーストに大福を補給。ここから再び登りです・・。この時には、来年は絶対にピストでは出ないと決意しています。


IMG_8424
で、ゴール。さらっと書いていますけど、上のコンビニからゴールまでに結構な登りがあり、最後もダラダラな登りがありました。雷太に指摘されましたけど、「足がバカになる」という状態になり、足がスゲー調子良く回るようになりました。もう、酷使のしすぎで疲労さえ感じない領域まできちゃいました。なので、ゴール後は意外に普通。確かに疲れていますけど、へばって立ち上がれない、というほどでは無かったです。


IMG_8433
無事、完走証も頂きました。Raphaのウェア評判良かったなぁ。全身Raphaで、回し者みたいですね。


今回の感想ですが、鈴木雷太という(元)トップ選手の後ろで140km走って色々勉強になりました。究極まで足を使って自分の限界を見ることができた、そして機材面でのノウハウの蓄積、補給、サプリメントの取り方など得るものは多かったです。あと、雷太の助けがなければ完走できなかったと思う。雷太ありがとう!


メーターより
Dst 132.35km
Av 26.1km
Mx 53.5km
Tm 5:03'49


計算しました。今回のギア比は3.07。クランク1回転で5.867m。メーターでは132.35kmなので、


132350m÷5.867m=22558


僕は22,558回転クランクを回したみたいです。どんだけ〜。皆さんも来年はぜひ!Fixedでもいけます!


犬山城天守閣より
日曜そのまま松本で一泊して、月曜は名古屋営業の途中に犬山城によってきました。これで国宝の天守閣、姫路、彦根、松本、犬山を制覇!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/892