« 昨日の練習 [オアフ島2/3周まで21日]と関西クロス | メイン | 二日連続バンクに行ってきました [オアフ島2/3周まで12日] »

ジャンクでワイルドでメイヘムな自転車カルチャー

Tonicのランドンとトニーは元気みたいです。久しぶりにブログ更新してるじゃないですか。先週末のポートランドのイベント楽しかったみたいです。


6.jpg
なんだ!これは。Tonicはインテグレーテッド方式のヘッドとBBを採用しているのですが、とうとうシクロクロスバイク用のBBまで。2年前からテスト中のプレスフィット方式のBBだそうです。最近の2pcクランク用ですね。「見た目が良くて、ユーロBBより軽い」らしいです。で、Supernautはこれを標準にする予定だとか。う〜ん僕のもそうしたかった。でも、これってBBのシェル径が上がって、クランクも2pcで固くなるので、BB周辺の剛性がカチカチになりそうです。その辺のバランスも考えて設計するんだとは思うのですが。


14.jpg
パンプトラックレースもあったみたいで、こちらはウェルダーのトニーの息子ですね。大きくなったかな?丁度、この特製フレームができた時に初めてポートランドに行ったと思います。


8.jpg
ミニバイクのTTも開催されたようです。ポートランドって感じです。ズー・ボマーズな感じ。ポートランドのダウンタウンから路面電車に乗って、ワシントンパーク駅で降車し、そこから一気にダウンヒルを夜な夜な繰り返すというのがズー・ボムです。バイクは子供用のミニバイクが多いようです。その参加者がズー・ボマーズと呼ばれます。出発地点に動物園からあるからズー・ボム。



これがズー・ボム。見ての通り、めっちゃ危険。深刻な怪我人が出たこともあるとか。


R0012060.JPG
それで、山から降りてきたらここに駐輪します。また、バイクが無い人は貸し出しも有り。これが、ポートランドを象徴するモニュメントになっていたのですが・・。



しかも、ここまでなら良くある話なんでしょうけど、彼らはポートランド市と交渉して、市の交通局とRACCから合わせて$10,000を引き出し、少し離れた場所に正式なバイクパーキングを作ってしまったのです。そのクオリティーはんぱ無い。このバイクパーキングは“New Pyle”と呼ばれており、ポートランドのパブリック・アートして正式に認められたのです。


日本なら違法駐輪は徹底的に取り締まられて、完全に撤去されるんでしょうが、逆手にとってアートして補助金を得るなんて、素晴らしい発想。もちろん、行政側との地道な交渉があっての結果なんでしょうけど。我々サイクリスト個々が高い意識を持って挑めば日本の行政も動いてくれるかな?西宮市の662トレールはその好例だと思います。


tumblr_kx77i45qdX1qz7afco1_500.jpg
ちょっと方向性は違いますが・・こっちも気になります。このお店には去年の2月に初めて行ってます2回目は9月にスワップミートで。4カテゴリーあって、コースターブレーキ、200ドル以下の安物バイク、1990年以前のフルリジッドMTBクラス、シングルスピードクラス。上のズー・ボムもそうですけど、この辺りのジャンクでワイルドでメイヘムな自転車カルチャーもこれから日本でジワジワと来そうな気がします。やっぱ来ない?



ドン・ハンプトンによるHERE WE GO AGAINというフィルムだそうです。シーオッターでプレミアです。アダム・ハックのパートもあるようです。



久しぶりに見ました。何回みてもいい!サム・ヒルのこの転倒は既に歴史の1Pに書き加えられています。特に今ではルールで禁止されたスキンスーツってのがいいです。


今週土曜日は明石でバンク走ります。皆さんも是非!詳細はこちらにて。

あっ、忘れてました。昨日の練習はサボっています。昨晩聞いた情報によると、センチュリーライドのコースは余裕らしいです。問題はノースショアからの南下かー。路面がかなり悪いとか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/840