« 南河内サイクルラインを走ってきました [オアフ島2/3周まで8日] | メイン | 成田空港におります »

PDW RATBOT1000の不具合について

PDW RATBOT1000に不具合があることが明かとなっておりますので、改善策をお知らせいたします。


不具合というのは、落下などで本体に大きな振動を与えると、電池の接点が緩いために電池が外れてライトが消えてしまうという問題です。解決法は以下です。


R0015186.JPG
まず、ドライバーで裏の+ネジを外します。上側に爪がありますので、下側からリフレクター側が取り外せます。この様に電池が2本入っています。


R0015188.JPG
プライヤーなどで、LED側との接点をつまんで上側に起こします。あまり強くやると折れることもありますので、適当な加減で。


R0015189.JPG
次は電池の−側の接点も。


R0015191.JPG
反対側も。


これで、電池のはまり方がキツくなって、大きな振動でも電池が外れることはほとんど無くなると思います。原始的な方法で申し訳ありません。


R0015192.JPG
台湾のサプライヤーから曲げの違う接点の対策品が送られてきていますが、この接点に返しが付いているため、本体から取り外すことが至難の業。なので、上の方法で改善しない場合のみ、交換される方がいいと思います。


この対策品が必要な方は、こちらまでお知らせください。郵送にて送らせて頂きます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/845