« なごやチャリフェス | メイン | Aaron Chase on bada Boom Bar »

superco

半年前に注文したフレームなんですが・・・。近日に届くようです。


supercoはブルックリンマシンワークスのエンジニアだったDocことChris BoudreauxがNYを去り、ソルトレイクシティで立ち上げたバイクカンパニーです。Docはユニークなエンジニアで、ブルックリンにおいて数々のプロダクトを生み出しています。Race Linkを始め、Doc Barという自身の名前を冠したハンドルバーも残しています。Docの生み出した製品は日本でも熱狂的なファンを生み出したのです。


ここからは信憑性が不確かな話になりますが、ファレル・ウィリアムスなど、ストリートへと接近していくJoeと、生粋のエンジニアであるDocの方向性にズレが生じてしまい、二人は袂を分かったと聞いています。実際、LOOPマガジンのブルックリン特集を見ると、Docの名前は一切でてきませんし、存在しなかった人になっています。なので、Docが去って以降のブルックリンはRace Linkなど複雑な機構を持ったバイクをリリースしておらず、どちらというとFixedのフレームに主軸を移したみたいです。


それで、昨年のインターバイクの時にアウトドアデモ会場を歩いていると、異様なオーラを放つ男女を発見。乗ってるバイクが凄くて。で、バイクをガン見していると、声を掛けてきた女性がDocのアシスタントのテリー。


KU6X3290.JPG
この人がDoc。Tonicのランドンと一緒の車でやってきてたんですよ。名刺だけ交換して、supercoのことは忘れていたのですが、1本欲しいというリクエストが友人からあり、オーダーを入れていたのですが、僕もオーダーした人も忘れていた頃に「フレームができたよ」との連絡が。まさか、キャンセルする訳にもいかないし、とりあえず1本やってきます。おそらく、日本入荷2本目みたいです。


charger_blue.jpg
Charger Blue


velvet plum sample.JPG.jpeg
Velvet Plum


Geometry (with 18.5” fork)
Head Angle: 70°
Seat Angle: 71° effective at 16 inch BB center to seat rails (68 actual)
TT length: 22.125 inch (actual), 22.75 inch (effective)
BB height: 12.125 inch
Min CS length: 15 inch
Min wheel base: 39.6 inch (with 1.75 inch fork offset)
Head tube length: 4.5 inch
Seat tube length: 9.75 inch (BB center to TT center)
Frame weight: 5.1 lbs


Charger Blueは定番カラーで、下のVelvet Plumはサンプルで1本だけ塗ったフレームだそうです。とってもレアなんですが、若干塗装に問題があり、チェーンステイの内側に気泡のブツブツが発生しているとか。どちらかのフレームがやってきますが、今ならカラーを選べます。


superco
組むとこんな感じ。メチャメチャかっこいい。とりあえず、現物のフレームをチェックしたいというのがあり、さしあたっては商売もする気持ちもございませんので、格安です。送料込み78,000円でいかがでしょうか。できれば、カッコ良い感じで組んで頂ける方がいいなーと思ってます。手応えがあるなら商売にします・・・。こちらまでご連絡ください。ちなみに、本国では$750.00します。


superco-silencer-downhill-bike1.jpg
素晴らしいバイクだけど、写真も素晴らしい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/816