« ABUS Bordo 6000/75 | メイン | TKCの年始年末 »

KEIRINグランプリ

本日はKEIRINグランプリですよー。


実は競輪にはほぼ興味が無かったのですが、長澤氏と触れるうちに興味が沸いてきて。実はスポーツサイクルのイベント、展示会などでJKAからの補助金がでているイベントは大変多いのです。大きい所ではツアーオブジャパン、BAA廃棄自転車の処理調査補助事業なんていうのもありますし、このあいだのサイクルモードのスポーツバイクメカニック講座だって競輪補助事業。日本自転車競技連盟広報誌だって競輪の補助金で作られているみたいだし、しらない所で我々も恩恵を受けているんですよ。でも、実際に車券を買っている競輪好きって周囲にはいないし、社会貢献という役割は別として、直接的な効果って限りなく薄いんじゃない?とは思いますけどね。


競輪は上からS級1班、2班、、A級1班、2班、3班と分けられています。KEIRINグランプリとはWikipediaによると


”大会は通常のトーナメント方式ではなくその年のグランプリ開催日においてS級に所属し、その年のGIで優勝した選手および獲得賞金額の上位選手を合わせた9人で争う一発勝負である。”


だそうです。あと、S級1班のさらに上に選ばれたエリート中のエリート18人がS級S班と呼ばれおり、最高のステータスが与えられています。ちなみに、1月1日に熊本でデビューする元BMXチャンピオン、クロジュンはA級3班という一番下からのスタート。どれくらいでS級に上り詰めるでしょうか。


そのS級S班のウエブサイトが存在しており、これがメチャメチャ面白いです。おすすめはPISTA CHECKです。S級S班の18人が自分のピストについて語っているのですが、それがメチャメチャ面白い。僕はナガサワ好きなので、小嶋敬二佐藤友和伏見俊昭の3人は興味深く見ました。プロの語る機材の話は本当に面白い。S級S班の使う機材に関してはこちらのブログも詳しいです。マキノが一番人気なんですねー。マキノは選手の要望に沿って言った通りに作ってくれるそうです。逆に、ナガサワは全然言った通りに作ってくれないと選手は語っています。マキノも乗ってみたいです。


とりあえず、TV中継があるんですけど、サテライト大阪にいってみるかな?年会費1000円か。


NAGASAWA
もちろんこれに乗って。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.bikedaily.net/mt/mt-tb.cgi/820